[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【One Rugbyの絆】ラグビーは15人制だけじゃない 廣瀬俊朗が設立、「One Rugby」で世に伝えたいこと

人と人とを繋ぐラグビーの力「全然知らなかった人たちが集まっているとは…」

「ラグビー」には、人と人とを繋ぐ不思議なパワーがある。廣瀬さんは「ネットワークの強さや絆の強さはすごい」と胸を張るが、「One Rugby」で初めてミーティングを開いた時も「全然知らなかった人たちが集まっているとは思えない感じでした。建設的に話し合いが進められるので、すごく助かっています」という。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 15人制とセブンズの代表として参加する廣瀬さんのほか、車いす、10人制、タグフット、タッチ、ビーチ、ブラインド、デフから代表者が参加。まずは、それぞれのラグビーの社会的認知度を上げるために、横の繋がりを強化することで意見は一致した。広くラグビーの魅力を知ってもらえれば、どのラグビーをプレーしても構わないし、掛け持ちも大歓迎。全員の想いは「とにかくラグビーを盛り上げたい」。なぜそこまでラグビーにハマるのだろうか。

「15人制で言えば、足が速くなくても体が大きかったり、体が小さくても足が速かったり、誰でも活躍できるポジションがあるのが、やっぱりいいなと思います。僕はFWのポジションは絶対にできませんし(笑)。いろいろな専門性のある人、いろいろな国籍の人がチームのために頑張って、いいラグビーができる。中にいる僕らにはとっては当然のことなんですけど、社会と比較してみると、まだまだ分断されている部分も多い中で、ラグビーを通して伝えられること、広められる価値があるように思います」

 その価値に多くの人が触れたのが、昨年のW杯だ。多様性のある選手たちが、試合が終われば敵味方関係なく称え合う。その光景に感動を覚えた人は少なくない。だが、この精神が15人制に限らず全てのラグビーに共通することは、まだあまり知られていない。

 W杯を通じて子どもたちにも認知度が高まったラグビーだが、タックルなど激しいぶつかりあいのイメージが先行しがちだ。だが、タグフットボールやタッチラグビー、ビーチラグビーには激しいコンタクトはなく、子どもから高齢者まで幅広く楽しむことができる。また、女子も十分に個性を生かせるため、男女混合チームも多い。ラグビーに興味を持っても、コンタクトプレーの多さに二の足を踏む人も多い中、「まず、コンタクトのないラグビーから始めてもらえれば」と、廣瀬さんは話す。

「タックルのないラグビーで、みんなでボールを前に運ぶ面白さを知ってもらい、より本格的にやりたいと思ったら、コンタクトのあるラグビーに移ればいい。そのままコンタクトがない方がいいなら、タッチやタグフット、ビーチを続けてもらえれば。コンタクトがないので女子にも垣根が低くなる。どうしてもラグビーは男子のスポーツというイメージが強いので、女子ラグビーの発展にも欠かせない役割を持っていると思います」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集