[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【One Rugbyの絆】ラグビーは15人制だけじゃない 廣瀬俊朗が設立、「One Rugby」で世に伝えたいこと

ダイバーシティのスポーツ、ラグビーが社会に提供できる価値

 コンタクトのあるラグビーには、生きる個性が違う15人制、7人制、10人制の3種類があり、パラスポーツとしても車いす、デフ、ブラインドがあるなど、あらゆる形の「ラグビーをやってみたい」という想いに応える受け皿が用意されている。横の繋がりを強めながら、この“懐の深さ”を世間に広めるため、まずは互いの大会開催告知などで協力。さらには、新型コロナウイルスによる影響が落ち着いたら、15人制やセブンズの大会で車いすラグビーやビーチラグビーの体験会を開くなど、合同イベントの開催も計画されている。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

「掛け合わせのイベントを開催して、知っていただくことも1つだと思っています。あとは、学校や企業の研修の一環として、体験してもらうのも1つの方法ですよね。例えば、健常者が車いすラグビーにチャレンジすると、すごく難しくて『う~ん』と唸ってしまうんですよ(笑)。固定観念というか、思考にバイアスがかかってしまうので、パラスポーツに挑戦するとそこに気付かされる。ハード面だけではなくて、自分の心というソフト面でも気付きは多いと思います」

 今、注目される「ダイバーシティ」という点において、様々な気付きをもたらすラグビー。その中にある違った個性を持つラグビーが一堂に会する「One Rugby」は、まさに社会の縮図にも似た存在なのかもしれない。

「まずは一つ形になって良かった」と話す廣瀬さんだが、真価が問われるのはここから。「あとはアクションが大事。ラグビーは様々な意味で大きなポテンシャルを持ったスポーツ。すぐに大きなムーブメントになるとは思っていませんが、1つずつ着実に進んでいけたらと思います」と力を込める。

 その第一歩として、次回から「One Rugby」に参加する各種ラグビーを紹介していく。「そのスポーツの魅力みたいなものが、ラグビーの中でさえみんなに伝わっているわけではないので、そのスポーツらしさを、まずは一緒になって広められたらいいなと思いますね」と廣瀬さん。第2回は、10人制ラグビーの井上誠三さんに聞く。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集