[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「一発目タックルに気持ちを」― ラグビー元日本代表主将が石巻工へ「花園」の願い

「一発目タックルに気持ちを」― ラグビー元日本代表主将が石巻工へ「花園」の願い

第97回全国高校ラグビーフットボール大会宮城県予選の準決勝2試合が18日に宮城県サッカー場で行われた。この日、石巻工業の決勝進出を強く願っている選手たちがいた。ラグビートップリーグのキヤノンイーグルスに所属する菊谷崇と天野寿紀だ。

キヤノンの元日本代表・菊谷と天野が被災地・石巻工ラグビー部にエール

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会宮城県予選の準決勝2試合が18日に宮城県サッカー場で行われた。第1試合は、22年連続24度目の「花園出場」を目指す仙台育英が85-0(前半35-0)と圧倒的な強さで利府を破って決勝進出。続く第2試合では、3年連続予選決勝で仙台育英に敗れている石巻工業と仙台第三が対戦し、前半は接戦で折り返したが、後半に石巻工業が勢いに乗り、35-15で決勝に駒を進めた。

 この日、石巻工業の決勝進出を強く願っている選手たちがいた。ラグビートップリーグのキヤノンイーグルスに所属する菊谷崇と天野寿紀だ。37歳の菊谷は日本代表として2011年ワールドカップに主将として全試合に出場し、エディー・ジョーンズ前ヘッドコーチ率いるフル代表メンバーにも選出された。一方、26歳の天野は高校日本代表に選ばれた経歴を持ち、現在はチームのスクラムハーフとして活躍しているリーグ屈指のラガーマンだ。

 菊谷は昨年、東日本大震災から5年が経過した頃、東北支援活動が減少傾向にある中、「東北のために力になりたい」との想いから支援活動を決断。未来の東北を担う人材の育成を目的として、2016年3月に公益財団法人東日本大震災復興支援財団が立ち上げた「東北『夢』応援プログラム」に、キヤノンイーグルスの代表として賛同を表明した。

 プログラムを通じて出会ったのが石巻工業のラグビー部員だ。当時は2年連続で宮城県大会決勝で仙台育英に敗れていたチームを、キヤノンイーグルスとして「花園出場」という目標をサポートすることになった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー