[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

55年ぶり箱根駅伝出場のカギは? 全日本予選“2分差”逆転へ、立教大監督が求める覚悟

悲願達成のカギは「チームが一つになること」

 箱根常連校や予選会をクリアしてきた大学は、基本的には自分が走りたいという意識を選手全員が持っている。競争意識が高いと必然的に個の質も上がる。

 立教大は上野監督が言うように、まだ全員で箱根を目指すというところまで至っていないのだろう。そのためには出走メンバーから外れた層のケアが大事になってくるが、上野監督は特に上級生には明確な目標、例えばタイムを設定してそれを超えてほしいという。そうして最後まで個々が努力を続けていけば、チームの士気も上がる。

 果たして今年、立教大は前回の箱根駅伝予選会16位から、どこまで順位を上げられるか。

「チームが一つにならないと箱根には行けない」

 何度も上野監督から発せられた言葉だ。

 走る選手たち、支える選手たちは、その言葉を噛みしめて全員で立ち上がれるだろうか。

【第1回】箱根駅伝のスターから「走る」指導者へ 立教大・上野裕一郎監督、“55年ぶり”への挑戦

【第2回】“日本一速い”上野裕一郎監督が並走 箱根駅伝を狙う立教大、選手の成長促す異色指導

【第3回】箱根駅伝“常連校”との差とは? 立教大の“現役ランナー”監督が抱く、個を伸ばす難しさ

(佐藤 俊 / Shun Sato)

1 2 3

上野 裕一郎

立教大学 陸上競技部 男子駅伝監督 
1985年生まれ、長野県出身。佐久長聖高校1年時から駅伝で区間賞を獲得するなど活躍し、1万メートルで日本高校記録を出した。中央大学でもスピードを武器に1年時から箱根駅伝など主要大会で数々の好成績を残した。エスビー食品へ進むと、2009年には5000メートルで世界陸上ベルリン大会に出場。13年からはDeNAに移籍し競技を続けていたなか、18年12月に立教大学陸上競技部の男子駅伝監督に就任。現役選手としての活動も継続する「ランナー兼指導者」として、チーム強化に努めている。

佐藤 俊

1963年生まれ。青山学院大学経営学部を卒業後、出版社勤務を経て1993年にフリーランスとして独立。W杯や五輪を現地取材するなどサッカーを中心に追いながら、大学駅伝などの陸上競技や卓球、伝統芸能まで幅広く執筆する。『箱根0区を駆ける者たち』(幻冬舎)、『学ぶ人 宮本恒靖』(文藝春秋)、『越境フットボーラー』(角川書店)、『箱根奪取』(集英社)など著書多数。2019年からは自ら本格的にマラソンを始め、記録更新を追い求めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集