[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

社会人に必要なことは何なのか ラグビー元代表選手と敏腕教育者が考える「社会性」

LCA国際小学校の山口紀生学園長(中央)と、授業を行った菊谷崇氏(左)、小野澤宏時氏【写真:松橋晶子】
LCA国際小学校の山口紀生学園長(中央)と、授業を行った菊谷崇氏(左)、小野澤宏時氏【写真:松橋晶子】

「『教育』という言葉を『学習』に変えるべき」

――教育現場でこういう取り組みがあるのはいいことですね。

小野澤「僕は今、静岡県の教育委員もしていますが、そもそも『教育』という言葉を『学習』に変えるべきだと思うんです。『教える』『育む』というのは教師目線で、『学ぶ』『習う』の方が学習者中心の見方になるんじゃないかと」

山口「うちも『勉強』とは言わず『学ぶ』に変えました。自分が知りたいと思うことを自分で調べて学ぶ、ということにしたいなと。この前、たくさんの落とし物を処分しようとした時、女の子3人が『もったいないから寄付しよう』と言い始めたんです。3人がいろいろ調べたら、海外に寄付する場合は受け取る側に税金がかかることもある。そこで国内の施設に送ることにしたんですが、洗濯をしなければいけない。3人が保護者にお手紙を書いてクリーニング代の寄付を募り、運動会で募金箱を持って立っていたら13万円も集まったんですよ。さらに、寄付できそうな古着を持ってきた方もいたので、今度はそれをフリーマーケットで売った。最終的にはそのお金を、元々送りたかったアフリカの国に現金で送ったんです。これが『学び』なんですよね」

菊谷「完全に『学び』ですね。そうやって子供たちが学ぼうと、いろいろなことを考えていると、僕ら大人も質問された時に答えられるように学ぶ。この相乗効果っていいなと思います」

山口「子供に聞かれても分からないことはたくさんある。そこで大人が『分からない』と言えるかどうかが分かれ道。分からなかったら、一緒に調べて学べばいいわけです。大人だから、教師だから何でも知っている、じゃなくて『知らない』『分からない』と子供に言えるか。もし子供が『じゃ、教えてあげる』となったら、その経験は子供にとって大きな宝物になると思います。知ったかぶりをすると子供には分かりますから。大人と子供がともに学びあう世の中になるといいですね」

(終わり)
 

◇「LCA国際小学校」とは?

 2008年に文科省に認可された株式会社が経営する私立校。担任を外国人教師が務めるなど、学校生活の大半を英語で過ごす独自のアクティブイマージョン教育を取り入れている。1クラス約20人の少人数制。サマーキャンプ、音楽鑑賞など、自然、芸術の本物と触れ合う機会を積極的に持っている。姉妹校のオーストラリア・ヒルズ学園への短期留学制度もある。校長・西村昭比古。神奈川県相模原市緑区橋本台3-7-1。

<山口 紀生>

 1978年、横浜国大教育学部卒、相模原市立小で教鞭を執る。85年に退職し、私塾「LCA」を設立。英会話スクール、幼児教室を開設し、自らも指導にあたる。01年に株式会社エル・シー・エー設立。2000年、「LCAインターナショナルプリスクール」開設。05年学校の教科を英語で指導する「LCAインターナショナルスクール小学部」開設。08年に文科省の認可を受け、「LCA国際小学校」に。日本初の株式会社小学校校長に就任。東京都中央区国際教育推進検討委員会副委員長などを歴任し、16年にLCA国際学園に名称変更。学園長に就任し、社名を株式会社エデューレエルシーエーに変更した。著書「どうしてこんなにできる子ばかり」「親子作文ワーク」(オクムラ書店)、「子育ての詩」「つれづれそう」(LCA出版部)、「親子でつくる見たこと作文」(エデューレコミュニケーションズ)。

<小野澤 宏時>

 1978年3月29日、静岡県生まれ。静岡聖光学院高から中央大に進み、トップリーグではサントリーサンゴリアス、キヤノンイーグルスでプレーした。ポジションはウイング。代表デビューは2001年6月17日のウエールズ戦。ワールドカップには2003年のオーストラリア大会、2007年のフランス大会、2011年のニュージーランド大会に出場。日本代表キャップ数「81」は歴代2位。現在は「ブリングアップラグビーアカデミー」を主宰するほか、女子7人制ラグビークラブ「アザレアセブン」監督、J1「清水エスパルス」アスレティックアドバイザー、静岡県教育委員など幅広く活動している。

<菊谷 崇>

 1980年2月24日、奈良県生まれ。御所工業高から大阪体育大に進み、トップリーグのトヨタ自動車ヴェルブリッツでプレー。イングランドのラグビーチーム、サラセンズでプレーした後、キヤノンイーグルスに移籍した。ポジションはNO8、フランカー。15人制と7人制ともに日本代表経験を持ち、15人制代表デビューは2005年11月5日のスペイン戦。2008年より主将を務め、2011年ワールドカップでは主将としてチームを率いた。日本代表キャップ数「68」。2018年に引退。現在は「ブリングアップラグビーアカデミー」を主宰するほか、ラグビー日本代表のU-20代表、高校代表などユース世代の代表コーチも務める。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集