[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧を賞金女王に導いたコーチ 情に流されない信念「怒っていても態度変えない」

女子ゴルフの今季最終戦、国内メジャー・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(宮崎CC、6543ヤード、パー72)は28日、最終ラウンド(R)が行われ、2020年との統合シーズンで行われた今季全日程が終了した。22歳の稲見萌寧(都築電気)が、初の賞金女王を獲得。東京五輪銀メダル、メジャー大会優勝に続く目標達成で「自分の中では100点」と言った。一方で、不振や腰痛で「心が折れた時もあった」と明かしたが、それでも奥嶋誠昭コーチは稲見への接し方を変えなかったという。その理由とは。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

賞金女王を獲得した稲見萌寧【写真:Getty Images】
賞金女王を獲得した稲見萌寧【写真:Getty Images】

稲見のコーチ・奥嶋氏「本当は気持ちが弱い子」

 女子ゴルフの今季最終戦、国内メジャー・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(宮崎CC、6543ヤード、パー72)は28日、最終ラウンド(R)が行われ、2020年との統合シーズンで行われた今季全日程が終了した。22歳の稲見萌寧(都築電気)が、初の賞金女王を獲得。東京五輪銀メダル、メジャー大会優勝に続く目標達成で「自分の中では100点」と言った。一方で、不振や腰痛で「心が折れた時もあった」と明かしたが、それでも奥嶋誠昭コーチは稲見への接し方を変えなかったという。その理由とは。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

 会見を終えた直後、稲見は笑みを浮かべて言った。「皆さん、毎日、プレッシャーをかけていただき、ありがとうございました。(プレッシャーと闘うのは)嫌いじゃないですけど」。大会中は何を聞かれても淡々と返していたが、この日は賞金女王を取るために順位を気にしながらプレーしていたことなど、次々と本音を明かし、色紙に「完」と記した。

「やっと終わったし、やりきった感じがすごいからです。賞金女王、五輪メダル、メジャー優勝、複数回の優勝と、いくつも目標を達成できました。自分の中で100点です。今夜はハシゴしてお腹いっぱい食べて、うどんで締めます(笑)」

 今季9勝、ツアー史上日本人最少の平均ストローク(70.0514)をはじめ、パーセーブ率(90.3239)、パーオン率(75.7688)で1位。精神力の強さも見せつけたシーズンだったが、稲見を指導する奥嶋誠昭コーチは、包み隠さずに言った。

「本当は気持ちが弱い子だけど、いつも周りに誰かがいて、見られているから保っていられるんだと思います。ある一定のところまで落ち込むけど、ギリギリのところで踏みとどまる。今回は賞金女王を取りたいと思いがあったからでしょう」

 最終戦、稲見は第2Rまで振るわなかった。ライバルの古江は単独首位で、自身は23位。そのままでは賞金女王を取れない状況下、奥嶋コーチにLINEで訴えていた。「相談できなくて、1人で抱え込んで苦しいです」。奥嶋コーチいわく、その要因は稲見自身にあったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集