[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

レッズFA右腕、大谷翔平と同じ二刀流プレー希望 米識者「外野で打席立ちたいようだ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季二刀流の活躍でア・リーグMVPに満票で選出された。MLBはストーブリーグに突入しているが、レッズからFAとなったマイケル・ローレンゼン投手は、移籍先で二刀流でのプレーを希望しているという。米識者が「大谷のルーティンを求めている」と伝えている。

今季レッズに所属していたマイケル・ローレンゼン【写真:Getty Images】
今季レッズに所属していたマイケル・ローレンゼン【写真:Getty Images】

19年には野手としても出場したローレンゼン

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季二刀流の活躍でア・リーグMVPに満票で選出された。MLBはストーブリーグに突入しているが、レッズからFAとなったマイケル・ローレンゼン投手は、移籍先で二刀流でのプレーを希望しているという。米識者が「大谷のルーティンを求めている」と伝えている。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 野手として46本塁打に26盗塁、投手としても9勝を挙げた大谷の活躍が目立った今季。ポストシーズン期間中にはレッドソックスのアレックス・ベルデューゴ外野手が、将来的な二刀流挑戦を希望するなど新たな流れも生まれている。

 今季レッズで27試合に登板し、現在はFAとなっているローレンゼンも、移籍先では二刀流としてプレーすることを望んでいるようだ。米野球専門メディア「プロスペクト・ライブ」のディレクター、ジョー・ドイル氏は、自身のツイッターでこうつづっている。

「ローレンゼンは2022年に先発だけでなく、外野手としても定期的に打席に立ちたいようだ。大谷のルーティンを求めている。レンジャーズ、パイレーツ、カブス、ジャイアンツがコンタクトを取ったとみられる」

 2019年に投手として73試合で防御率2.92の成績を残したローレンゼンは、この年野手としてもプレー。同年9月にはリリーフで7回から2イニングを1失点とした後、9回に中堅手として守備に就いただけでなく、8回の打席で2ランを放って「勝利投手&本塁打&外野手でプレー」という珍記録も達成した。

 今季は投手に専念したローレンゼンだが、来季の二刀流を希望しているという情報に、米ファンからは「カブスは先発数人必要だよね」「彼は悪くない」「MVPが欲しいんだな」「パイレーツには一石二鳥だ」などと前向きなコメントも寄せられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集