[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐光学園、悲願のインハイVの理由 「西川頼み」を脱し、晴らした1年前の雪辱

桐光学園(神奈川県代表)の全国高校総体(インターハイ)初制覇は、ファイナルまで劇的過ぎた。準々決勝の西京(山口)戦と準決勝の京都橘(京都)戦は後半アディショナルタイム6分に、いずれもFW西川潤(3年)が決勝点をマーク。

インターハイ初制覇した桐光学園【写真:藤井雅彦】
インターハイ初制覇した桐光学園【写真:藤井雅彦】

鈴木監督「ウチは組織で戦うんだ」、光った粘り強い守備と下級生の頑張り

 桐光学園(神奈川県代表)の全国高校総体(インターハイ)初制覇は、ファイナルまで劇的過ぎた。

 準々決勝の西京(山口)戦と準決勝の京都橘(京都)戦は後半アディショナルタイム6分に、いずれもFW西川潤(3年)が決勝点をマーク。そして、1日の富山第一(富山)との決勝では後半アディショナルタイム8分、正真正銘のラストプレーで試合が動く。FW神田洸樹(3年)が力強い突破からシュートを決め、桐光学園が沖縄の熱い夏を制した。

 チームを率いた鈴木勝大監督は「言葉にならないくらい日本一を目指してやってきた」と感無量の様子。続けて「選手たちを本当によくやって頑張ってくれたし、彼らを信じてきた結果だと思う。難しい気候の中でも粘り強く守備ができたのはチームとしての成長で、得点した神田を筆頭に最後までフィジカルが落ちなかった」と勝因を語った。

 意外にもこれが全国初タイトルとなる桐光学園。かつて中村俊輔(現・横浜FC)を擁して臨んだ全国選手権は惜しくも準優勝に終わり、昨年のインターハイも決勝で山梨学院(山梨)に敗れて涙を呑んだ。栄冠が目の前に迫りながらも、あと一歩が遠かった。

 今年のチームをけん引したのが、セレッソ大阪への加入が内定している主将の西川であることに疑いの余地はない。前記した準々決勝、準決勝での土壇場の決勝ゴールは“役者”と呼ぶにふさわしく、チームが苦しい場面で活躍できる勝負強さはタレント性の証でもある。Jリーグデビューや飛び級でのU-20ワールドカップ出場を経て、精神的にもたくましくなった印象だ。

 しかし、鈴木監督は「どんな優れた個でも、組織には敵わない。ウチは組織で戦うんだ」と常日頃から選手に口酸っぱく言い聞かせている。その言葉に当てはめるとすれば、今年の桐光学園は西川頼みになるのではなく、組織としても卓越したチームだったと言える。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集