[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ふたば未来学園、昨年覇者に下剋上 6年前の“伝説”映像で奮起「顔つきが変わった」

全国高校総体(インターハイ)のバドミントンは1日、熊本・八代市東陽スポーツセンターなどで開幕し、男子団体戦に臨んだふたば未来学園(福島)は、3回戦で昨年覇者の埼玉栄(埼玉)を3-2で下し、下剋上を果たした。今春の全国選抜で敗れた相手へのリベンジに成功。2017年以来の全国制覇へ、2日の準々決勝で札幌龍谷(南北海道)と対戦する。

ふたば未来学園が埼玉栄を下す【写真:荒川祐史】
ふたば未来学園が埼玉栄を下す【写真:荒川祐史】

2年ぶりの全国制覇へ、春に敗れた昨年王者・埼玉栄にリベンジ成功

 全国高校総体(インターハイ)のバドミントンは1日、熊本・八代市東陽スポーツセンターなどで開幕し、男子団体戦に臨んだふたば未来学園(福島)は、3回戦で昨年覇者の埼玉栄(埼玉)を3-2で下し、下剋上を果たした。今春の全国選抜で敗れた相手へのリベンジに成功。2017年以来の全国制覇へ、2日の準々決勝で札幌龍谷(南北海道)と対戦する。

 まるで優勝したかのような騒ぎだった。フルゲームまでもつれ込んだ最終第5試合。20-15のマッチポイントからふたば未来学園の李正(3年)が1点をもぎ取ると、ベンチから選手たちが絶叫しながら飛び出した。もみくちゃになって積み重なったふたば未来学園メンバー。星大智監督は「気持ちを前面に出して戦った。選手も、スタンドの応援も、身を乗り出してやってくれたのが伝わった」と目を細めた。

 春の全国選抜3回戦で埼玉栄に敗北。王者の圧力に押しつぶされた。試合途中に漂った敗戦ムードを覆せなかった試合に「(埼玉)栄さんは凄い勢いだった。それを押し返す力をつけていこうとしてきた」と指揮官。今大会、選手たちを奮い立たせたのは“伝説”の映像だった。

 13年に富岡高として初優勝。今大会の2日前、先輩たちが栄冠を勝ち取ったYoutubeの映像をグループLINEで共有した。最後は足がつりながらも懸命に戦うがむしゃらな姿。逆転勝ちでスタンドは一体となっていた。19歳以下日本代表の稲光翔太郎(2年)は「技術だけじゃ勝てない。みんなが一緒にならないといけない」と自身の試合以外でも声を出し続けた。

 1-2で迎えた第4試合は負けたら終わり。しかも相手は6年前と同じ埼玉栄。土壇場を託された稲光は3年生を相手に勇敢に立ち向かい、勝利でバトンをつないだ。星監督も「試合前の顔つきが変わった。『戦うぞ』という表情になっていた。気持ちで引かなかった」と成長を実感。劣勢に立たされても、声を張り上げ一つになった。

 ふたば未来学園は中高一貫校。4月に入学した1年生は、昨夏の全国大会でシングルス、ダブルス、団体戦で3冠を達成したメンバーだ。最強世代の加入にも、指揮官は「(2、3年生は)選抜での負けは自分たちで取り返すつもりだった」と上級生の意地を見た。

 稲光は「優勝候補に勝ったけど、油断せずにチームのために頑張りたい。中学2年の時は自分のせいで負けた。(同じ)先輩たちに恩返ししたい」と活躍を誓った。2年ぶりの栄冠まであと3勝。強烈な一体感を放ち、ライバルたちを飲み込んでいく。

◇インターハイのバドミントンは8月1日から8月5日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集