[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

名門高校サッカー部でたった1人の女子マネが戦った 元Jリーガー監督の父と駆ける夏

最後のインターハイ、一生に一度しかない高3の夏「監督と選手と、最高の夏に」

美南さんに対する思いを語った鈴木勝大監督【写真:mika】
美南さんに対する思いを語った鈴木勝大監督【写真:mika】

 父と歩んだ時間も特別なものだった。家で「パパ」と呼んでいる父は、グラウンドで「カントク」と呼ぶ。それは、マネージャーをやる時に決めた約束事だ。最初はやりづらさもあった。「みんなの前で『敬語を使わなきゃ』って、意識をしていたけど、今はもう慣れて当たり前のこと」。高校生活で家族旅行なんて行く暇はなかった。それでも、桐光サッカー部が絆を深めてくれた。

 父にとっては難しさもあった。マネージャーとして本来、やるべきことができなければ、娘であることも関係なく、厳しく叱った。監督とマネージャーの関係は徹底した。「そこがブレると、選手が一番敏感になる。でも、家に帰って玄関を開ければ、引きずらないように。彼女だけ不利になってしまうから」。普通の父娘より長く一緒にいるからこそ、成長も認めていた。

「一つ思うのは、人のことをよく観察しているなということ。なんとなくレールを敷かれて12歳まで生きてきた子が自分の覚悟でこの世界に飛び込み、状況を見て、聞いて判断し、社会に出ても必要な能力をそれなりに学んでくれている。最初、うまくいかない時も私には絶対に愚痴を漏らさず、辞めたいと言ってきたこともない。いろんなことを一つ一つクリアしながらやってくれた」

 マネージャーはあくまで裏方。選手の陰で汗を流し、彼らが全力を尽くせるように自分を犠牲にしてサポートする。それでも、美南さんは「試合で勝ったら自分もうれしいし、『選手権で優勝してみたい』と思って、それを考えていれば大丈夫」と、その楽しさを語る。女子専用の部屋もなく、着替えはトイレ。男子がやんちゃする空間でも「もう、そんなのは慣れました」と笑った。

 そんな仲間と目指す目標が目の前に迫っている。夏のインターハイ。初戦となる2回戦・清水桜が丘(静岡)戦が27日に行われる。

 一生に一度しかない、高校3年生の特別な夏。「勝利の女神」になろう、なんて思っていない。胸にあるのは「自分にできることを精一杯やって、みんなに貢献できるように」ということだけ。昨年は決勝で山梨学院に延長戦で敗れ、準優勝。「サッカーは何が起こるか分からないんだ」と思わされた。「悔しかった。勝ってくれると思っていたので、最後の笛のシーンが印象に残っている。今年は優勝したい」。期待に胸を膨らませ、大きな瞳は目の前にある最後の夏を見つめた。

 監督は「本当はいけないけど、彼女がいることで常に襟を正さなきゃいけないと、よりシビアになった」と明かした上で「私も人として監督として、もっと成長しなければいけない上で彼女が一つの材料となり、部をサポートしてくれている。彼女には引退する時、選手から『お前がいてくれて良かった』と言われるようにしろと言ってきたけど、私自身、少なからず感謝している」と語った。そんな想いを知ってか知らずか。苦楽を共にしたマネージャーは最後に、こう言った。

「自分も今年が最後なので、いっぱい楽しんで、監督と選手と、最高の夏にしたい」

「南で生まれ、美しく育つように」という願いを込め、美南と名付けられた。決戦の舞台は、沖縄。南の島でキラキラと輝き、日本一長い夏にする。

◇インターハイのサッカー男子は7月26日から8月1日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

「最高の夏にしたい」と、夏の大舞台を前に語った鈴木美南さん【写真:mika】
「最高の夏にしたい」と、夏の大舞台を前に語った鈴木美南さん【写真:mika】

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集