[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

名門高校サッカー部でたった1人の女子マネが戦った 元Jリーガー監督の父と駆ける夏

圧倒された「戦場」、輪に入れずにずっと1人…「辞めたい」と涙する日々

工夫を凝らし、誰も見えない場所で苦労を重ね、強豪チームを支えてきた鈴木美南さん【写真:mika】
工夫を凝らし、誰も見えない場所で苦労を重ね、強豪チームを支えてきた鈴木美南さん【写真:mika】

 全国屈指の強豪校の部活。その雰囲気に圧倒され、輪に入れず、誰とも話せず、仕事もできない。「いつも、ずっと1人でした」。相談しようにもグラウンドには女子はおろか、マネージャーすら他にいない。50人以上の部員を相手に、孤独に押し潰されそうだった。中高ともに男女別学。校舎は分かれ、中学3年間で男子と接する機会もなかった。そんな様子を見て、父は思っていた。

「少なからず、ここにいる選手はそれなりに“選ばれてきた”ような子たち。彼女は何か特別な経験があったわけではなく、我が強い男性社会で揉まれたこともない。1年生でそういう戦場に入っていくことは、とても簡単とは思えない。父である以前に監督として、そんなに甘いものじゃないと」

 サッカーに秀でた能力を持った男子が集まり、レギュラーをかけて必死に争う「戦場」。高い壁にぶつかり、美南さんは毎日のように泣いた。父に見られたくない。部屋にこもり、声を殺した。「辞めたい」とも思った。ただ、ずっと夢見て、自分が選んだ道。簡単に諦めたくなかった。今はつらくたっていい。「やり続ければ、3年後に絶対良かったと思える」と信じ、前を向いた。

 きっかけになったのは「みんなの役に立ちたい」というマネージャーとしての純粋な気持ちだった。「もっと、仕事しなきゃ」。そう考えるようになると、自然と選手たちとの会話が生まれた。「これって、どうやればいいの?」。最初は怖いと思っていた選手たちが次第に教えてくれ、打ち解けることができた。今でも忘れられないのは1年生も半ばを過ぎた頃、初めて選手から「これ、お願いしてもいい?」と頼まれた仕事。「本当にうれしくて……」。ただのユニホーム整理が、特別な瞬間になった。

 自信が、自分を変えた。では、強豪チームを1人でどう支えたのか。工夫を凝らし、誰も見えない場所で、苦労を重ねた。

 仕事は練習中の備品の運搬、練習着の整理、来客対応まで多岐に渡る。ただ、女子は午後6時までに下校という校則がある。練習は6時以降も続き、最後まで選手といることはできない。特に夏は練習中、ドリンク作りだけで時間が過ぎ、他にやるべき雑務が追いつかない。空いている時間はどこか。自分で考え、行動に移した。眠い目をこすって午前7時に一人で誰もいない部室に入る。それでも足りなければ、昼休みも使い、できることは何でもした。そんな陰の努力に、選手の信頼も少しずつ増していった。

 やがて2年生となり、迎えた最上級生。U-20日本代表FW西川潤(3年)らを擁するチームは昨夏のインターハイで準優勝するなど、全国トップレベルまで強くなった。選手の成長と比例するように、強くなったのはマネージャーも一緒。今はもうサポート役の男子下級生に指示する姿がなんとも頼もしい。

「マネージャーをやる前までは気遣いもできなかった。でも、最初に選手と全く話せなかった時、何も話せずにいつも1人でいるから、普段は誰かと話しながら歩いている道も周りを見ながら歩けた。そういう時に気づけることもあると思った。だから、もっと見ながら動かなきゃと最初に気づけた。人のためにやることって意外と難しくて、あれもこれもやろうとすると頭がぐちゃぐちゃになって、全然できない。でも、だんだんと慣れて、こなせるようになって、少しは心が広くなったかなという気がしています」

 孤独も、挫折も、涙すらも、すべて成長の力に変えた2年半を、今となっては笑顔で振り返る。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集