[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

名門高校サッカー部でたった1人の女子マネが戦った 元Jリーガー監督の父と駆ける夏

55人の短髪が駆けるグラウンドに1人、ポニーテールが揺れる。日差しの照り返しで、暑さが充満する芝生の上。選手の隙間を縫うように、せわしなく動く足は2時間以上、止まることがない。

男子55人の桐光学園を1人で支える、マネージャーの鈴木美南さん【写真:mika】
男子55人の桐光学園を1人で支える、マネージャーの鈴木美南さん【写真:mika】

異例の女子マネが誕生、男子55人の桐光学園を1人で支える鈴木美南さんの2年半

 55人の短髪が駆けるグラウンドに1人、ポニーテールが揺れる。日差しの照り返しで、暑さが充満する芝生の上。選手の隙間を縫うように、せわしなく動く足は2時間以上、止まることがない。

「この時期は仕事が多いので、どうしても仕方ないんです」

 そう言って、はにかんだ鈴木美南さん(3年)の表情が西日に光った。練習中の選手を女子マネージャーが支える。そんな風景は珍しくないだろう。ただ、この場所ではちょっとだけ、特殊だ。

 神奈川県私立桐光学園高等学校サッカー部。

 元日本代表MF中村俊輔(現横浜FC)を筆頭に、多くのプロ選手を輩出した名門校だ。しかし、高校サッカーファンなら女子はおろか、マネージャーも採用してこなかったことは有名な話。転機となったのは、指揮官の決断。鈴木勝大監督、同校OBで桐光学園時代に中村の1年先輩で活躍し、国士館大を経て福岡などで通算96試合に出場した元Jリーガーであり、美南さんの実の父である。

 名門サッカー部に、なぜ女子マネージャーが生まれ、いまどき珍しい父娘の監督とマネージャーとなったのか。その裏に、美南さんの高校サッカーに対する、熱い想いがあった。

「TOKO」の伝統の青いユニホームに憧れたのは、小5の時。引退後に父が指導者をしていた熊本で体操に励んでいた美南さん。平均台が得意だった。だが、股関節の骨に異常が見つかった。「骨が折れやすい状態。もし、折れたら歩けなくなるかもしれないと言われて……」。大好きな体操が奪われ、目の前が真っ暗になった。そんな時、父の桐光学園監督就任を機に神奈川に移り住んだ。母に連れられ、見に行った父の試合。客席から見た光景に、心を奪われた。

「選手たちがひたむきに頑張っているところを見て、カッコいいなって憧れたんです」。週末は毎試合のように見に行き、初めて見た高校選手権の迫力には感動した。「高校サッカーって、こんなにすごいんだ」。父が鳥栖で10番を背負っていた01年に生まれ、父に抱っこされて試合で選手入場したのはうろ覚え。でも、この時の想いは違った。「桐光サッカー部の勝利に、少しでも貢献できたらいいな」。小さな憧れは、「マネージャー」という夢に変わった。

 1年間、受験勉強に励み、県内有数の進学校・桐光学園中に合格。3年間、校舎から見える高校サッカー部のグラウンドに憧れの眼差しを向け、試合にはたくさん足を運んだ。いつか、自分もあの場所で――。ただ、父には相手にされなかった。「お前が簡単にできるものじゃない、厳しい場所だぞ」。何度、言われても「でも、頑張りたいから」と食い下がった。

 父に言わせれば「あまり前に出るタイプではない」という娘が、頑として曲げなかった想い。最終的には選手、学校、OBら多くの理解を得て、入学前に晴れて認められた。「すごくうれしかった」。小5から夢にまで見た桐光学園グラウンド。「緊張しかなかった」という練習初日、みんなの前で言った「頑張ります」という言葉からマネージャー生活は始まった。

 ただ、15歳を待っていたのは想像以上の現実だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集