[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 「2年前の屈辱」を乗り越えて― 埼玉栄が男子メドレーリレーで涙のV「最高です!」

「2年前の屈辱」を乗り越えて― 埼玉栄が男子メドレーリレーで涙のV「最高です!」

全国高校総体(インターハイ)水泳第3日は19日、競泳の男子400メートルメドレーリレーで埼玉栄(埼玉)が3分44秒01で涙の優勝を飾った。

インターハイ競泳決勝、2年前に2位惜敗の埼玉栄が優勝…宮本「4人で掴み取った優勝」

 全国高校総体(インターハイ)水泳第3日は19日、競泳の男子400メートルメドレーリレーで埼玉栄(埼玉)が3分44秒01で涙の優勝を飾った。

「2年前の屈辱」を晴らした。アンカーの河原啓(3年)がトップでゴールに飛び込むと、埼玉栄の4人は歓喜に酔いしれた。河原は「最後はすごくつらかったけど、前でつないでくれた3人の思いもあって、絶対に負けるわけにはいかないと思っていた。最高です!」と場内インタビューで感情を爆発させた。

 3学年の総力を結集させた。第1泳の1年生・高地駿介がトップでつなぐと、宮本一平(3年)、山本雄太(2年)とリードを守り、アンカーの河原へ。2位日大豊山(東京)、3位市川(兵庫)の追い上げを退け、0秒65差で制した。

 第2泳の宮本には特別な思いがあった。1年生だった2年前、この種目で豊川(愛知)に破れ、2位に惜敗した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー