[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボルト、引退1年前から衰えを意識!? 「直線に入っても体が反応しなかった」

人類最速男と呼ばれたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、陸上の世界選手権・男子400メートルリレーのレース中に左太もも裏の痙攣を起こし、ラストランは途中棄権という悲劇の結末となった。しかし、これまで残してきた数々の功績は決して色褪せない。オリンピック公式サイトも昨年のリオ五輪から1年を経たタイミングで、ボルトの“トリプル・ダブル”達成を紹介している。

1年前の16年8月18日、リオ五輪の200m決勝で“トリプル・ダブル”を達成

 人類最速男と呼ばれたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、陸上の世界選手権・男子400メートルリレーのレース中に左太もも裏の痙攣を起こし、ラストランは途中棄権という悲劇の結末となった。しかし、これまで残してきた数々の功績は決して色褪せない。オリンピック公式サイトも昨年のリオ五輪から1年を経たタイミングで、ボルトの“トリプル・ダブル”達成を紹介している。

 記事が配信された2017年8月18日の1年前にあたる2016年8月18日は、陸上男子の200メートル決勝が行われた日だった。特集では、各競技のエポックメーキングな出来事を羅列しているが、ヘッドラインとして扱われているのはボルトの3連覇を目指した戦いだった。ボルトはこの時点ですでに100メートル走で2008年北京五輪、2012年ロンドン五輪に次ぐ3大会連続金メダル獲得を決めており、200メートルでも3連覇が期待されていた。

 ボルトは、アンドレ・デグラッセ(カナダ)やクリストフ・ルメートル(フランス)ら実力者が集う中で、19秒78をマークして優勝。記事では、100メートルと200メートルでの3大会連続金メダルを“トリプル・ダブル”と表現するとともに、「スプリント界のレジェンドとしての地位をさらに強固なものとした」と評価している。

 その一方で、試合後のボルトのコメントからは年齢による衰えを意識していたコメントがあったことも紹介されている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集