[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 豊川・今井月が涙 女子メドレーリレー春日部共栄V インハイ結果&V16選手喜びの声

豊川・今井月が涙 女子メドレーリレー春日部共栄V インハイ結果&V16選手喜びの声

全国高校総体(インターハイ)水泳第3日は19日、競泳で決勝10レースが行われ、400メートル個人メドレーは女子が春日部共栄(埼玉)、男子が埼玉栄(埼玉)が制した。

インターハイ競泳10レース決勝、男子メドレーリレーは埼玉栄が優勝

 全国高校総体(インターハイ)水泳第3日は19日、競泳で決勝10レースが行われ、400メートルメドレーリレーは女子が春日部共栄(埼玉)、男子が埼玉栄(埼玉)が制した。

 春日部共栄は豊川(愛知)との0秒15差の大接戦を制し、大会新記録で優勝した。世界選手権代表の豊川・今井月(2年)は400メートルリレーに続く、リレー優勝はならず、悔し泣きした。

 そのほか、女子800メートル自由形で佐藤千夏(3年=埼玉・埼玉栄)が8分36秒10で400メートルに続き、大会新で2冠を飾った。また、女子400メートル個人メドレーは牧野紘子(3年=東京・東大付)が4分42秒43で3連覇。男子400メートル個人メドレーでは、大武誠之(2年=東京・芝浦工大付)が200メートルに続く2冠を飾った。

 決勝10レースの結果と優勝選手の喜びの声は以下の通り。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー