[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 日大藤沢、「試合前に寝ていた男」が“ミラクル金星”弾 監督「これは度胸あるなと」

日大藤沢、「試合前に寝ていた男」が“ミラクル金星”弾 監督「これは度胸あるなと」

全国高校総体(インターハイ)は3日、男子サッカー準決勝で日大藤沢(神奈川)が市立船橋(千葉)と対戦。後半ロスタイムのラストプレーから同点に追いつき、PK戦で前回覇者を下す“奇跡の金星”を挙げ、初の決勝進出を決めた。途中出場で殊勲の同点弾を決めたMF菊地大智(3年)は試合前のロッカールームで驚きの行動を取っていたという。

途中出場MF菊地がロスタイム弾&PK戦も成功…王者撃破「夜なかなか寝られなくて…」

 全国高校総体(インターハイ)は3日、男子サッカー準決勝で日大藤沢(神奈川)が市立船橋(千葉)と対戦。後半ロスタイムのラストプレーから同点に追いつき、PK戦で前回覇者を下す“奇跡の金星”を挙げ、初の決勝進出を決めた。途中出場で殊勲の同点弾を決めたMF菊地大智(3年)は試合前のロッカールームで驚きの行動を取っていたという。

 もう眠気なんて、どこかに飛んで行っていた。決めれば勝利が決まるPK戦の5人目。最も重圧がかかる大役を託された菊地は、冷静に左隅に蹴ってゴールネットを揺らし、ファイナル切符をたぐり寄せた。勝利の瞬間、声にならない声を上げ、仲間のもとへ駆け出した。感情を爆発させ、歓喜を分かち立った。

 奇跡を呼んだのも、この男だった。0-1の後半34分から途中出場し、迎えた後半ロスタイム。センターサークル手前のFKでGKがロングキックを送ると、もつれたボールに反応したのが背番号14だ。ペナルティエリア外の正面から浮いたボールに右足を一閃。スーパーボレーを突き刺した。

「自分にチャンスが回ってくれば、決める自信はあった」と菊地。このまま試合は終了。まさにラストワンプレーから、逆転への道が開けたのだから、あまりに価値の大きい同点弾となった。

 起用した佐藤輝勝監督は試合後、驚きの理由を明かした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー