[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 「頭」から「体」のサッカーへ 日ノ本学園、失った誇りが生んだ「女王の情熱」

「頭」から「体」のサッカーへ 日ノ本学園、失った誇りが生んだ「女王の情熱」

全国高校総体(インターハイ)は3日、女子サッカー準決勝が行われ、日ノ本学園(兵庫)が作陽(岡山)を2-2でもつれ込んだPK戦の末に下し、2年ぶりの決勝進出。5度目のタイトル奪取をかけ、昨年、準決勝で苦杯をなめた藤枝順心(静岡)に「体のサッカー」で挑む。

インターハイ決勝進出、かつての女王を変えた1年前の屈辱「もっと情熱的に熱く」

 全国高校総体(インターハイ)は3日、女子サッカー準決勝が行われ、日ノ本学園(兵庫)が作陽(岡山)を2-2でもつれ込んだPK戦の末に下し、2年ぶりの決勝進出。5度目のタイトル奪取をかけ、昨年、準決勝で苦杯をなめた藤枝順心(静岡)に「体のサッカー」で挑む。

 かつての絶対的女王が、2年ぶりにタイトルの挑戦権を掴んだ。前半26分にMF内藤夏鈴(かりん、3年)のミドルで先制し、後半5分にはMF伊藤美玖(3年)がPKを沈め、2点リード。その後、1点を返され、さらに試合終了間際に追いつかれながら、PK戦で4-2で勝利し、ファイナルに駒を進めた。

 主将のMF牛島理子(3年)は「優位に進めながら追いつかれてしまったけど、みんなで勝つと思っていた。PK戦になっても信じていた。先生(監督)も信じていてくれたし、何の迷いもなかったです」と胸をなでおろした。

 第1回大会から4連覇を達成した。しかし、昨年は準決勝で藤枝順心に1-2で敗戦。女王の座を明け渡し、誇りを捨てた。それまで華麗なパスワークを駆使しながら、試合巧者ぶりを発揮して相手ディフェンスを崩してきたが、考え方をガラリと変えたという。

「冷静に戦うだけじゃ勝てない。もっと情熱的に熱くいかないとダメ」と牛島。勝ち続ける中で失いかけていた情熱を取り戻すべく、生まれ変わろうともがいた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー