[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本格派ストライカーへの脱皮 連覇狙う市立船橋FW福元が全国で示す無限の可能性

高校サッカーの名門校で、本格派ストライカーへの脱皮を目指している男がいる。全国高校総体(インターハイ)で連覇を狙う市立船橋のFW福元友哉(3年)だ。

平野貴也●写真 photo by Takaya Hirano

2試合連続ゴールでベスト8進出に貢献…試合後に満足感はなく、反省点が口を突く

 高校サッカーの名門校で、本格派ストライカーへの脱皮を目指している男がいる。全国高校総体(インターハイ)で連覇を狙う市立船橋のFW福元友哉(3年)だ。

 インターハイは31日、サッカー3回戦で前回王者の市立船橋(千葉)が2-1で阪南大学高(大阪)に競り勝ち、ベスト8入りを決めた。注目のエースFW福元は、2試合連続ゴールで勝利に貢献した。

 前半9分に先制した後、チャンスで追加点を取れずに苦しむ時間が続いた。しかし、後半6分に左サイドのスローインから、こぼれ球を拾ったキャプテンのDF杉山弾斗(3年)が縦パスを出すと、一度は相手に奪われたように見えたが、福元が強烈なチャージで相手を弾き飛ばしてボールを奪取。ドリブルで少し中央へ持ち込み、角度のないところからズドンと思い切ったシュートをゴールネットに突き刺した。

 180センチを超える体格の持ち主で、両足を強く振り抜ける。抜け出すタイミングには自信があり、ポストプレーも慣れてきた。足もとの技術も持ち合わせている逸材だ。

 阪南大学高戦では、苦しいときにゴールを奪ってチームを助ける「エースの働き」を見せた。それでも、福元の表情に満足感はなく、反省点が口を突いた。

「前半は、相手とのハイボールに競り負けて、何も貢献できませんでした。その中で後半すぐに点が取れたのは良かったです。でも、守備でももっと貢献できる部分があるし、今以上のことを求められているので、課題だと思っています。自分が競って、2人のオフェンシブハーフが抜ける形を狙ったんですけど、競り勝てずに跳ね返されてしまって、苦しい時間が続いてしまいました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集