[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「絶対、負けない気持ちで」― 福井工大福井、初4強を呼んだ“女王のエース封じ”

全国高校総体(インターハイ)は31日、女子バレーボール準々決勝で前回女王・下北沢成徳(東京)が福井工大福井(福井)に1-2で敗れ、大会連覇を逃した。

インターハイ女子バレーボール初4強…上坂主将「先輩積み上げた歴史のなかでうれしい」

 全国高校総体(インターハイ)は31日、女子バレーボール準々決勝で福井工大福井(福井)が前年覇者の下北沢成徳(東京)を2-1で破り、初の4強に駒を進めた。

 まるで優勝したかのような喜びようだった。最後のポイントが決まると、福井工大福井の選手たちはコート上で飛び跳ねて感情を爆発させた。喜ぶのも無理はない。女王・下北沢成徳を破ったのだ。

「自分たちの絶対、負けないという気持ちが結果につながった。勝てたことはすごくうれしい」。主将の上坂瑠子(3年)は表情をほころばせた。

 絶対、負けない――。その気持ちをコートにぶつけた。攻撃的なサーブ、アタックを繰り返す下北沢成徳に対し、拾って、拾って、粘りながらポイントを奪取。なかでも、ハマったのは“エース封じ”だ。

「キーマン」と警戒したのは、相手の2年生エース・石川真佑。男子日本代表の中大・祐希を兄に持つ注目アタッカーを徹底的にマークした。チーム最長身の177センチ・若泉佳穂(3年)ら強力なブロック陣が立ちはだかり、「息も合っていて、高さがあった」と上坂。序盤からアタックを決めさせず、第1セットを25-23で奪った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集