[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 「青森山田を倒すためにやってきた」 前橋育英、悲願のリベンジ呼んだ闘志の“源”

「青森山田を倒すためにやってきた」 前橋育英、悲願のリベンジ呼んだ闘志の“源”

これほど勝ちたいと思える相手はいない。その想いが後半の怒涛の攻撃に表れていた。

平野貴也●写真 photo by Takaya Hirano

高校選手権決勝で屈辱の0-5大敗…雪辱を意識してモチベーションに

 これほど勝ちたいと思える相手はいない。その想いが後半の怒涛の攻撃に表れていた。

 全国高校総体(インターハイ)は31日、サッカー3回戦で前橋育英(群馬)が3-1で青森山田(青森)に逆転勝ちを収め、ベスト8入りを果たした。

 両チームの対戦は、公式戦では昨季の全国高校選手権の決勝以来。当時、2年生主体だった前橋育英は、ほとんどが屈辱の決勝戦(0-5)をピッチで味わった選手たちだ。目標はあくまでも優勝だが、青森山田に勝ったことは、ただ3回戦を勝ったのとは異なる意味があった。

 山田耕介監督は「僕らはこれを目的にやってきたようなもの。昨日も(他チームには悪いけど)青森山田、勝て! と思っていました。本当に、練習中でも『だから、お前たちは青森山田に0-5で負けるんだ』と言うことが多かった」と、常に雪辱を意識してチーム力を高めてきた半年を振り返った。

 試合前には、屈辱の一戦のビデオを見て、モチベーションを高めた。キャプテンの田部井涼(3年)は、ショックを受けた半年前の映像を源に、闘志を駆り立てていたという。

「練習が緩んでいると『青森山田の選手だったら、こんなことはしない』と監督から言われました。それを言われると、本当に悔しい。言われ続けて来たので、悔しさを晴らせたことは、良かったと思います。敗戦もそうですけど、0-5というスコアが一番、頭に残っています。何もできなかったという印象が残っているので。そのスコアと敗戦が頭に残っていて、今日の試合前もあの試合の映像を見ました。まあ、本当に失点シーンばかり……。5点分、全部見たので、気持ちは相当高まっていました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー