[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 「青森山田を倒すためにやってきた」 前橋育英、悲願のリベンジ呼んだ闘志の“源”

「青森山田を倒すためにやってきた」 前橋育英、悲願のリベンジ呼んだ闘志の“源”

「次で負けたら意味がないし、青森山田にも失礼。勝ったからには日本一」

 試合は、先制を許した前半は相手のペースだったが、前半終了間際に追いつくと、後半は猛反撃。特に、後半を自分たちのボールで開始すると、一気に敵陣へ突進した。

 後半から投入されたFW飯島陸(3年)が相手に弾き飛ばされたが、すぐさま味方がフォローし、そのまま前進。左コーナーキックを獲得すると、MF田部井悠(3年)がニアサイドに蹴り込み、混戦からMF塩澤隼人(3年)が押し込んで逆転。さらに後半25分には、J1アルビレックス新潟への加入が内定しているDF渡邊泰基(3年)の攻撃参加でサイドを破り、FW榎本樹(2年)がダメ押しの3点目を奪って勝利を決定づけた。

 セットプレーのキッカーを務めて2点を演出したMF田部井悠は、「この半年は、青森山田を倒すためにやってきたと言っても過言ではない」と回想。試合のペースが一変した後半について聞くと、山田監督からハーフタイムに「この試合は、勝たなければ意味がない。4人まで交代できるから、前線(2トップと両サイドハーフ)の4人は潰れてもいいから走れ」と喝を入れられたことを明かした。

 後半は、積極的な攻撃参加や、中盤のセカンドボールの回収が向上。相手に挽回の余地を与えない強い勝ち方を見せた。ただし、怖いのは“燃え尽き症候群”だ。田部井悠は「次で(簡単に)負けたら意味がないし、青森山田にも失礼。勝ったからには、日本一。絶対に日本一を取りたいです」と話した。

 8月2日に行われる準々決勝の相手は、京都橘(京都)に決まった。半年前、あと一歩で届かなかった日本一へ――。前橋育英は突っ走る。

◇インターハイのサッカー男子は29日に幕を開け、7日間にわたって熱戦が繰り広げられる。決勝は8月4日。なお、今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。全30競技の全試合をライブ配信し、インターネット上で観戦、応援が可能となった。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

【了】

平野貴也●文 text by Takaya Hirano

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー