[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日大ラグビー部が求める主体性 WHYとHOWを提示する菊谷新HCの「新しい風」に期待

日本大学ラグビー部に今年、新たな風が吹く。3月1日付で着任する新ヘッドコーチ(HC)は日大OBではない。その人物とは、元日本代表主将でブリングアップ・アスレチックソサエティー(BU)代表取締役を務める菊谷崇氏だ。24日に都内で記者会見に臨んだ菊谷新HCは「大学にあまりいい印象はありませんでしたが(笑)、僕が新しい風を入れていけたら」という正直すぎる決意表明で、会見場の空気を和ませた。

左から平山聡司・ラグビー部部長、菊谷崇・ラグビー部新HC、中野克己・ラグビー部監督【写真:編集部】
左から平山聡司・ラグビー部部長、菊谷崇・ラグビー部新HC、中野克己・ラグビー部監督【写真:編集部】

元日本代表主将・菊谷崇氏が3月1日に新HC着任 中野監督「もう一段高いステージへ」

 日本大学ラグビー部に今年、新たな風が吹く。3月1日付で着任する新ヘッドコーチ(HC)は日大OBではない。その人物とは、元日本代表主将でブリングアップ・アスレチックソサエティー(BU)代表取締役を務める菊谷崇氏だ。24日に都内で記者会見に臨んだ菊谷新HCは「大学にあまりいい印象はありませんでしたが(笑)、僕が新しい風を入れていけたら」という正直すぎる決意表明で、会見場の空気を和ませた。

 菊谷新HCは御所工(現・御所実)から大阪体育大へ進み、トヨタ自動車、サラセンズを経て、2014年からキヤノンでプレー。日本代表としては、2005年に7人制でワールドカップに出場したほか、15人制では2005年に初キャップを獲得。2008年より代表主将を務め、2011年ワールドカップでは主将としてチームを率いた。日本代表キャップ数は68というラグビー界の若き“レジェンド”でもある。

 2018年に現役引退。日体大大学院でコーチングを学ぶと、同じく元日本代表主将の箕内拓郎氏、歴代2位となる代表81キャップを誇る小野澤宏時氏とともにBUを設立。ラグビーやアイスホッケーなどのアカデミーを開催しながら小中学生にコミュニケーションの大切さ、主体性に考え動く大切さを教えている。アカデミー生は現在、約200人を数える大所帯となった。

 一方の日大ラグビー部は1928年創部の古豪で、現在は関東大学リーグ1部でトップを争う。ここまで3年連続で大学選手権に出場し、ベスト8入り。チームを率いて7年目を迎える中野克己監督は「もう一段高いステージへ上がりたい。そのために菊谷さんにHCをお願いした」と話す。6年後の2026年には創部100周年の節目が控えており、「そこに向けてトップを取りたい。ここから菊谷HCと流れを加速させるのみ」と力強く語る中野監督だが、チームがもう一段レベルアップするためには「主体性」が必要だと考えたという。

「私が監督になって1stステージが終わったかな、と。ここから壁を乗り越えるのに必要なのは、コーチングスタッフ、学生ともに、どこまで主体性を持ってラグビーに取り組んでいけるか。菊谷さんの現役時代の経験、コーチングスキルで得た力を存分に発揮できるようサポートできれば(優勝に)近づくと思っています」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集