[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三原舞依、涙のVにロシア紙「本当のヒロイン」と称賛「日本は五輪メンバー急いだかも」

2月の北京五輪開幕まであとわずか。注目競技の一つであるフィギュアスケート・女子シングルでは15歳カミラ・ワリエワらロシア勢がメダル有力候補に挙げられている。そんな中、今月エストニア・タリンで開催された四大陸選手権で優勝した三原舞依(シスメックス)にロシアメディアが注目。五輪代表を逃していることから「もしかしたら(日本が)五輪のメンバーを急いだのかもしれない?」とも指摘している。

四大陸選手権で優勝を飾った三原舞依にロシア紙が賛辞【写真:AP】
四大陸選手権で優勝を飾った三原舞依にロシア紙が賛辞【写真:AP】

三原は四大陸選手権で5年ぶり2度目の優勝

 2月の北京五輪開幕まであとわずか。注目競技の一つであるフィギュアスケート・女子シングルでは15歳カミラ・ワリエワらロシア勢がメダル有力候補に挙げられている。そんな中、今月エストニア・タリンで開催された四大陸選手権で優勝した三原舞依(シスメックス)にロシアメディアが注目。五輪代表を逃していることから「もしかしたら(日本が)五輪のメンバーを急いだのかもしれない?」とも指摘している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 三原は四大陸選手権で合計218.03点を記録。5年ぶり、2度目の優勝で涙を流した。体調不良による休養を挟んだ国際大会V。これに注目したのが、ロシアのスポーツ紙「スポルトエクスプレス」だった。

 同紙は「我々のライバルであるスケーターは崩れ、日本人スケーターが涙とケガを越えて勝った。ロシアの女子スケーターたちに脅威はあるのか?」との見出しで記事を掲載。当初は韓国の北京五輪代表ユ・ヨンに注目していたようだが、3回転アクセルの着氷で乱れるなど6位に終わったため「明らかにベストコンディションではなかった」などと評している。

 一方、優勝した三原に関しては「日本のミハラが偉業。(ロシアの)ライバルたちは五輪のメンバーを急いだ?」と注目。「この日の本当のヒロインはマイ・ミハラだった。彼女は驚くべきキャリアを持っている。年少のころから大きな素質を持ち、2017年に四大陸選手権のタイトルを獲得」と紹介した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集