[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

瀬戸大也、全体3位で決勝進出 松元メダルに刺激「興奮した。これで日本が勢いづく」

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日に開幕した。個人種目で金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。第3日(23日)の男子200メートル準決勝で瀬戸大也(ANA)は、1分55秒33の全体3位で決勝に進出した。

瀬戸大也【写真:Getty Images】
瀬戸大也【写真:Getty Images】

男子200mバタフライで瀬戸大也が全体3位で決勝進出

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日に開幕した。個人種目で金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。第3日(23日)の男子200メートル準決勝で瀬戸大也(ANA)は、1分55秒33の全体3位で決勝に進出した。

 力を爆発させるのは決勝だ。瀬戸は1組で2位、全体では3位。レース後は「予選の方がいい泳ぎだった。明日決勝はしっかり行けるかなと。まず自己ベスト出して、メダル獲得を」と決勝へ向けて意気込んだ。直前に銀メダルを獲得した松元克央については「興奮しましたし、これで日本チームが勢いづくと思う。ぜひ明日自分がメダルをとれるように」と刺激も受けた様子だ。

 別の組では19歳の新星クリストフ・ミラーク(ハンガリー)が1分52秒96の好タイムでトップ決勝進出。予選は隣で泳ぐ瀬戸を上回り、全体トップで通過した。東京五輪でも金メダルを争う最強ライバルだが、6月のジャパンオープン後は一緒に寿司を食べに行った仲。プールでは火花を散らし、この種目で前回大会銅メダルだった瀬戸は、24日夜の決勝で世界一を狙う。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集