[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大会3か月前、初めて使ったピル あの五輪銀メダルの裏で26歳の三宅宏実が試みた月経対策

ロンドン五輪に向けてもう一歩、何かできないだろうか? そう考えたとき浮かんだのが月経対策だったという三宅さん【写真:松橋晶子】
ロンドン五輪に向けてもう一歩、何かできないだろうか? そう考えたとき浮かんだのが月経対策だったという三宅さん【写真:松橋晶子】

ロンドン五輪に向けて試みた月経対策「生理を言い訳にしたくなかった」

 三宅さんは04年アテネ大会から08年北京大会の4年間が、選手としての転機だった、と話す。アテネでは、前年まで53キロ級からカテゴリーを48キロ級に変更。厳しい減量に苦しんだ時期だった。

「アテネでは最後の2キロがどうしても落ちなくて、すっごく苦しかった。その記憶があったので、北京大会に向けて、しっかり食べるということができませんでした。必要なエネルギーを摂っていないので、当然、お腹が空きますし、集中力を欠いたりもして、100%の練習ができなかった。体脂肪率も一時は9%まで下落ち、記録も停滞しました」

「このままでは勝てない」。北京五輪を4位で終えた三宅さんは、思いつく限りの敗因をノートに書き出した。「やらずして後悔よりもやって後悔。良いといわれるもの、できることをすべてやれば、どんな結果でも諦めがつく」。3度目の五輪となるロンドンに向けて、それらを一つひとつクリアしていった。

「食事はそれまでと発想を逆転。『しっかり食べて、その分、運動する』と決め、揚げ物以外は、制限するのをやめました。また、減量前の体重を50キロから52キロ増やしたんです。そうしたら、5年ぶりに1キロ、記録が伸びました。

 たった1キロと思われるかもしれませんが、私にとっては希望を取り戻した瞬間です。5年間、来る日も来る日も、本当にこれ以上、記録が伸びるのかなという不安のなか練習していましたから」

 ロンドン大会が迫るなか、もう一歩、何かできないだろうか? そう考えたとき浮かんだのが月経対策だった。

 三宅さんは生理不順や痛みといったトラブルがほとんどなく、故にパフォーマンスアップのための月経対策を考えたことがなかったという。

「時には国際大会でぶつかり、うわー! この日にくるんかー! と思うこともありました。そんなときは、父には伝え、例えばアップの状態をみて、スタートの重量を低めに調整(重量挙げの試合では2種目それぞれ3回、試技を行える)するなどで対応していました。

 また、生理を言い訳にしたくなかった。たとえ調子が悪くても、いかにベストの状態に持っていくか、と考えるのが当たり前でした」

1 2 3 4

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集