[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐々木朗希、163キロ→「調子良くなかった…」に衝撃 ファンは捕手目線の球にうっとり

プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が快投を続けている。今年の実戦では3試合計10イニングを投げて未だ無失点。奪った三振は圧巻の17だ。5日のソフトバンク戦(PayPayドーム)では5回2安打に封じ、自己最速タイの163キロをマーク。その舞台裏が球団公式YouTubeに公開されているが、佐々木朗は予想外の感想を口にしていた。

163キロを計測したソフトバンク戦後に感想を語るロッテ佐々木朗希【写真:球団提供】
163キロを計測したソフトバンク戦後に感想を語るロッテ佐々木朗希【写真:球団提供】

5日ソフトバンク戦で5回2安打無失点

 プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が快投を続けている。今年の実戦では3試合計10イニングを投げて未だ無失点。奪った三振は圧巻の17だ。5日のソフトバンク戦(PayPayドーム)では5回2安打に封じ、自己最速タイの163キロをマーク。その舞台裏が球団公式YouTubeに公開されているが、佐々木朗は予想外の感想を口にしていた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 規格外の投球を見せながらも、本人の理想はまだまだ上なのかもしれない。オープン戦初登板となったソフトバンク戦では20球以上が160キロ超え。2回2死から中村晃を空振り三振に仕留めたボールは、自己最速タイの163キロを計測した。150キロに迫るフォーク、スライダーも冴えて9奪三振。敵地で相手打線を沈黙させた。

 球団広報カメラは、この日の佐々木朗の様子をYouTubeチャンネルで公開。ブルペン投球は捕手を務めたドラフト1位・松川虎生のすぐ後ろから撮影しており、唸りをあげるストレートを捕手目線で見たような構図だった。ミットの音も相まって、迫力満点だ。

 登板を終えた佐々木朗は、ロッカールームで最速163キロの感想を問われると「あんまり今日調子良くなかったんですけど……」と苦笑いで話していた。コメント欄では「15勝しちゃうね」「絶好調ならどこまでいくんやろ?」「ノビがすごいな」「次元が違う」「佐々木も凄いが松川も凄い」と驚くファンの声が書き込まれていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集