[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

15歳から15年間無月経だったマラソン千葉真子 無知ゆえに現役時代に覚えた妊娠への不安

陸上でアトランタ五輪に出場した元マラソン選手の千葉真子さんが「THE ANSWER」のインタビューに応じ、現役時代の生理とコンディショニングについて経験談を明かした。競技を本格的に始めてから引退する30歳まで15年間、無月経だったことを自身のブログで公表。その理由とともに、女子選手が健康を守りながら競技を続けるために、選手、指導者、保護者に対しての想いも語った。(文=長島 恭子)

元マラソン選手の千葉真子さんが女子選手への健康について想いを語る【写真:荒川祐史】
元マラソン選手の千葉真子さんが女子選手への健康について想いを語る【写真:荒川祐史】

ブログで公表した過去の体験、「15年間、無月経」を明かした理由

 陸上でアトランタ五輪に出場した元マラソン選手の千葉真子さんが「THE ANSWER」のインタビューに応じ、現役時代の生理とコンディショニングについて経験談を明かした。競技を本格的に始めてから引退する30歳まで15年間、無月経だったことを自身のブログで公表。その理由とともに、女子選手が健康を守りながら競技を続けるために、選手、指導者、保護者に対しての想いも語った。(文=長島 恭子)

【特集】「タブーなしで考える女性アスリートのニューノーマル」 THE ANSWER的「国際女性ウィーク」特設サイトはこちら

 ◇ ◇ ◇

「私の現役時代は、スポーツ選手が生理の話を公にすることはありませんでした。でも今は、新谷仁美さん(積水化学)を始め、選手自らが発信する時代。生理に対する色々な悩みがあるなか、選手それぞれがうまく付き合いながら競技生活を送る話を読むうちに、『そういえば私も無月経だったな』と振り返るようになりました」

 現在、市民ランナーの指導や陸上の普及活動を行う、96年アトランタ五輪出場のオリンピアン、千葉真子さん。昨年の夏から自身のブログに、現役時代の生理の経験をつぶさに綴るようになったきっかけを、こう話す。

「私には2人の娘がいます。小学4年生の長女は、恐らくそう遠くないうちに初潮を迎えるだろうし、親としては当然、娘の未来の選択肢を守りたい気持ちがあります。でも、果たして自分の娘だけを守ればいいのか? そう考えたときに、言いにくいことでも、自分の失敗を次の世代に役立ててほしいと思ったんです。

 それで、未来のアスリートたちに向けて母親的な立場から、無月経だった経験を公表することにしました」

 15年間、無月経。千葉さんの告白は、衝撃的だ。

 選手時代、それほど長い年月、生理がまったくなかったことを、どう思っていたのだろうか? その疑問に千葉さんは、「競技に夢中になるあまり、生理のことは後回しになっていた」と答える。

「初潮を迎えたのは中学2年生頃だったと思います。その後、陸上競技を本格的に始めた高校時代から、現役を引退する30歳までは、確実に一度も生理がありませんでした。

 私の高校の陸上部は、中学時代にある程度活躍した選手が集まるような高いレベルだったんですね。ですから、中学3年の秋に駅伝の助っ人として陸上を始めた私は入学当初、補欠どころか、レギュラー選手の付き添いにもなれず、皆についていくので精一杯。『寝て・起きて・走る』という日々をくり返し、毎日、疲労困憊でした。

 頭の中は、レギュラーになりたい、全国高校駅伝に出たいという想いでいっぱい。生理がないなんてやばいということさえ気づけませんでした」

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集