[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹の日本食ディナー会 帝王ニクラスが料理以上に絶賛した“おもてなし”とは

米男子ゴルフの今季メジャー初戦・マスターズは7日から4日間、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCで開催される。前回覇者の松山英樹(LEXUS)は5日夜の歴代チャンピオンたちによる夕食会「チャンピオンズ・ディナー」でホストを務めた。考案した日本食メニューが称賛の的となっていたが、“ゴルフの帝王”ジャック・ニクラス氏は松山の英語でのスピーチを「最高の部分だった」と称賛した。

マスターズへ調整中の松山英樹【写真:AP】
マスターズへ調整中の松山英樹【写真:AP】

マスターズで「チャンピオンズ・ディナー」をホスト

 米男子ゴルフの今季メジャー初戦・マスターズは7日から4日間、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCで開催される。前回覇者の松山英樹(LEXUS)は5日夜の歴代チャンピオンたちによる夕食会「チャンピオンズ・ディナー」でホストを務めた。考案した日本食メニューが称賛の的となっていたが、“ゴルフの帝王”ジャック・ニクラス氏は松山の英語でのスピーチを「最高の部分だった」と称賛した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大会前に歴代王者が集う恒例のチャンピオンズディナーで、松山が帝王を感心させた。考案した食事メニューで、寿司と刺し身の盛り合わせ、西京焼きや宮崎和牛などを提供。ニクラス氏は至福の時を過ごしたようだ。自身のツイッターでは「思い起こす限りで最高のマスターズクラブ・ディナーだったと思う。食事はセンセーショナルだったよ!」と記した。

 しかし、夕食会で最も印象に残ったのは、料理以外の“おもてなし”だった様子。「最高だったのは英語をあまり上手く話さないヒデキ・マツヤマが3分間メモなしで英語のスピーチをしたこと。ゲーリー・プレーヤーがその後お返しのスピーチを日本語でした。メモありでね」と海外メジャー9勝の名手プレーヤー氏を冗談交じりにからかいながらも、松山の英語スピーチを称賛していた。

 松山は普段、通訳を介して英語の取材に応じているため、英語でのスピーチは出席者にとって意外だったのかもしれない。17年覇者のセルヒオ・ガルシア(スペイン)が「星5つのチャンピオンズ・ディナーだ」と評価するなど好評を博したチャンピオンズディナー。2連覇へ、松山は幸先の良いスタートが切れたようだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集