[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本でも部活指導員に支払われる報酬 指導者報酬の金額を米国は誰がどう決めるのか

「THE ANSWER」がお届けする、在米スポーツジャーナリスト・谷口輝世子氏の連載「Sports From USA」。米国ならではのスポーツ文化を紹介し、日本のスポーツの未来を考える上で新たな視点を探る。今回は「部活動の指導者報酬の金額決定」について。

今回のテーマは「部活動の指導者報酬の金額決定」について(画像はイメージです)
今回のテーマは「部活動の指導者報酬の金額決定」について(画像はイメージです)

連載「Sports From USA」―今回は「部活動の指導者報酬の金額決定」

「THE ANSWER」がお届けする、在米スポーツジャーナリスト・谷口輝世子氏の連載「Sports From USA」。米国ならではのスポーツ文化を紹介し、日本のスポーツの未来を考える上で新たな視点を探る。今回は「部活動の指導者報酬の金額決定」について。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 これまで何度かレポートしてきたように米国の学校運動部では、指導する教員や外部の指導者に報酬が支払われている。日本でも、部活動指導員や外部指導者には報酬が支払われているし、週休日の地域での部活動でも指導者に報酬が支払われていたり、その方向で準備が進められたりしている。

 米国の指導者報酬の金額は、いったい誰が、どのようにして決めているのだろうか。

 米国は州や地域、学区ごとにいろいろな違いがあるので、ここでは、米国の傾向、よくあるやり方をお伝えしたい。

米国の学校運動部の指導者は、全米レベルでみると、およそ半数が教員、半数が外部からの指導者だとされている。(もちろん、地域によって大きな違いがあり、教員が大半のところもあれば、外部からの指導者が圧倒的に多いところもある)

 そして、学校運動部の指導者報酬の金額は、学区教育委員会と教員組合との労使交渉によって決まることが多い。いくつかの州では、教員の団体交渉を認めていないが、ほとんどの州では、教員組合と学区教育委員会が団体交渉をし、教員の給与を含むさまざまな労働条件を労使の協約によって規定している。このような労働条件のひとつが、課外活動指導の労働時間と報酬額だ。だから、誰が決めているかといえば、労使協定によって決められている、ということになる。外部からの指導者に支払う報酬というよりも、どちらかといえば、教員の追加の仕事に対する追加の支払いという観点から、報酬の金額は交渉され、規定されているといえる。

 インターネット検索によって、課外活動指導報酬を規定している約100学区の今年度の労使協約を閲覧することができた。これをひとつずつ見ていくと、指導者報酬の規定は大きく3つに分けられることがわかった。

1 2 3

谷口 輝世子

デイリースポーツ紙で日本のプロ野球を担当。98年から米国に拠点を移しメジャーリーグを担当。2001年からフリーランスのスポーツライターに。現地に住んでいるからこそ見えてくる米国のプロスポーツ、学生スポーツ、子どものスポーツ事情を深く取材。近著に『なぜ、子どものスポーツを見ていると力が入るのか――米国発スポーツ・ペアレンティングのすすめ』(生活書院)ほか、『帝国化するメジャーリーグ』(明石書店)『子どもがひとりで遊べない国、アメリカ』(生活書院)。分担執筆『21世紀スポーツ大事典』(大修館書店)分担執筆『運動部活動の理論と実践』(大修館書店)。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集