[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネット上で定期的に勃発 筋トレの「研究論文派VS自己流派」はどちらが正しいのか

「THE ANSWER」の連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』」。現役ボディビルダーであり、「バズーカ岡田」の異名でメディアでも活躍する岡田隆氏(日体大准教授)が日本の男女の“ボディメイクの悩み”に熱くお応えする。24限目のお題は「筋トレの研究論文と自己流」について。

筋トレの「研究論文派VS自己流派」はどちらが正しい?
筋トレの「研究論文派VS自己流派」はどちらが正しい?

連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』24限目」

「THE ANSWER」の連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』」。現役ボディビルダーであり、「バズーカ岡田」の異名でメディアでも活躍する岡田隆氏(日体大准教授)が日本の男女の“ボディメイクの悩み”に熱くお応えする。24限目のお題は「筋トレの研究論文と自己流」について。

 ◇ ◇ ◇

 Q.効率良くトレーニングを進めたいので、トレーニングに役立ちそうな論文は結構チェックしています。一方、いろんな説があるのでどれを信じればいいのか時々迷います。バズーカさんのオススメを教えてください!

 Twitterでは筋トレ系のアカウントが結構流れてきますが、彼らの間で定期的に起こるバトルがあります。多いものでいうと「サプリメントをかなりマニアックに飲む派VS飲まない派」「重量にこだわってガツンと挙げる派VS丁寧なフォームでピンポイントに効かせる派」「トレーニングは短時間派VS長時間頑張る派」「オフはデブっても関係なく好きなものを何でも食べる派VSクリーンな食事を継続する派」など。これらのバトルは一時収束してはまた起こるの繰り返しで、勃発するたび、「また定期便がきたな?」と思いながらみています。

 そして「研究論文に書かれたトレーニングでこそ結果が出る派VSいやいやいや体は一人一人違うから俺は俺のやり方で派」も定期的に勃発するバトルの一つ。研究論文をものすごく語ってくるトレーニング愛好家や指導者と、論文などまったく関係ないという者の間で、熱いせめぎ合いが展開されています。

 これに関して、私自身の考え方は「両方の考えを持たなければならない」派です。

1 2 3

岡田 隆

1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。バズーカ岡田公式サイトhttps://bazooka-okada.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集