[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

注意すべきは「秋」 暑さを乗り切った後の貧血対処法と「休む勇気」の関連性

残暑もやわらぎ、さわやかな秋風が吹き始めた今日この頃。「スポーツの秋」と言われる季節が到来した。フィジカルトレーナー兼フィットネスモチベーターの中野ジェームズ修一氏が、スポーツトレーニングの舞台裏を語る定期連載。今回のテーマは「秋とトレーニングの共存」だ――。

夏の過ごし方の影響が秋に表面化…体のミネラル分が不足した「貧血」に注意

 残暑もやわらぎ、さわやかな秋風が吹き始めた今日この頃。「スポーツの秋」と言われる季節が到来した。フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏が、スポーツトレーニングの舞台裏を語る連載。今回のテーマは「秋とトレーニングの共存」だ――。

 ◇ ◇ ◇

 気温と湿度の高い日本の夏は、スポーツをするには非常にハードな環境です。当然、コンディションを崩しかねないと心配される保護者や指導者の方も多いでしょうが、本当に注意しなければいけないのは、夏ではなく「秋」です。

「夏合宿ではガンガン走れていたし、ついていけた。このまま行けば、秋からさらに調子が上がるに違いない」と思った矢先、まったく力を発揮できない。過去、このようなパターンで苦しんだ選手をたくさん見てきました。

 実は、夏の過ごし方の影響は秋になって表面化します。例えば、食欲がないからと栄養をしっかり摂っていなかったり、十分な水分補給を行わなかったりすると、脱水症状からくる不調が現れます。実際、調子が上がらない、体がだるいという選手たちに血液検査をすると、体のミネラル分が不足した「貧血」という結果が出るのです。

 また、「がむしゃらに頑張りすぎる」のも逆効果です。

1 2

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集