[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

銀メダル出品した陸上選手に粋な救済 落札した地元企業が返却、子供の手術費も支援へ

東京五輪の陸上・女子やり投げで銀メダルを獲得したマリア・アンドレイチェク(ポーランド)は、手術費用が必要な子供のためにメダルをオークションに出品して話題となっていたが、この度母国の企業が落札し、その後メダルをアンドレイチェクに返却するという。英専門誌が公式ツイッターで報じている。

やり投げで銀メダルを獲得したマリア・アンドレイチェク【写真:AP】
やり投げで銀メダルを獲得したマリア・アンドレイチェク【写真:AP】

やり投げ選手が銀メダルを出品、ポーランドのコンビニ大手が落札

 東京五輪の陸上・女子やり投げで銀メダルを獲得したマリア・アンドレイチェク(ポーランド)は、手術費用が必要な子供のためにメダルをオークションに出品して話題となっていたが、この度母国の企業が落札し、その後メダルをアンドレイチェクに返却するという。英専門誌が公式ツイッターで報じている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 アンドレイチェクは6日に行われた女子やり投げ決勝で64メートル61を記録して銀メダルを獲得。その後、手術が必要な母国の幼い男の子の支援を決断し、費用を工面するために獲得した銀メダルをオークションに出品することが海外メディアに報じられていた。

 そしてこの度、オークションで母国のある企業がメダルを競り落とし、しかもその上でメダルをアンドレイチェクへと返却するという。

 英陸上専門誌「アスリーツ・ウィークリー」公式ツイッターは「マリア・アンドレイチェクは、幼いポーランド人の少年の心臓手術費を工面するために、彼女の五輪銀メダルをオークションに出した。オークションで競り落とした会社『ジャプカ』は、アンドレイチェクにメダルを返還し、手術費を提供することを決断した」と伝えている。

 ジャプカはポーランドのコンビニ大手。スペイン紙「ユーロ・ウィークリー・ニュース」によると、オークションに出品を決めたアンドレイチェクは「メダルの真の価値は常に心に留まります。メダルはただの物質でしかありませんが、他の人にとって時に素晴らしい価値を持ちます。この銀はクローゼットでほこりを被る代わりに、人の命を助けられるんです。だから病気の子どもを助けるためにオークションに出そうと決断したのです」などと語っていたという。

 英紙「ミラー」によると、必要な手術費用は150万ズウォティ(約4200万円)で、達成までの費用は70万ズウォティ(約2000万円)だった。メダルのオークション開始時は20万ズウォティ(約560万円)が付けられていたという。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集