[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳入江聖奈が涙の金メダル! 女子ボクシング史上初の快挙、決勝で19年世界女王を撃破

東京五輪のボクシングは3日、女子フェザー級決勝で入江聖奈(いりえ・せな、日体大)が2019年世界選手権女王ネスティ・ペテシオ(フィリピン)に勝利し、日本女子初の金メダルを獲得した。ボクシングでの金メダル獲得は1964年東京五輪金の桜井孝雄、12年ロンドン五輪金の村田諒太に続く3人目。

女子フェザー級で金メダルを獲得し、涙を流す入江聖奈【写真:Getty Images】
女子フェザー級で金メダルを獲得し、涙を流す入江聖奈【写真:Getty Images】

ボクシング女子フェザー級決勝

 東京五輪のボクシングは3日、女子フェザー級決勝で入江聖奈(いりえ・せな、日体大)が2019年世界選手権女王ネスティ・ペテシオ(フィリピン)に勝利し、日本女子初の金メダルを獲得した。ボクシングでの金メダル獲得は1964年東京五輪金の桜井孝雄、12年ロンドン五輪金の村田諒太に続く3人目。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 第1ラウンド(R)からリズムをつかみ、5人のジャッジ全員が入江を支持。第2Rはペテシオの攻勢を受け、ポイントを奪われた。運命の第3Rは両者の意地が激突。激しく打ち合った。判定で金メダルが決まると、入江は跳び上がって喜んだ。そして歓喜の涙を流した。

 入江は1回戦から危なげなく勝ち上がった。28日の準々決勝で勝って4強入り、3位決定戦がないため、女子初の銅メダル以上を確定させると、31日の準決勝では19年世界選手権銅の英国選手を破り、女子初の決勝進出を決めていた。

 20歳の入江は鳥取県米子市出身。日体大の3年。中学時は陸上部。米子西高からボクシングに専念し、3年時には世界ユース選手権で銅メダル獲得。日体大進学後は19年の世界選手権に出場。この日拳を交えたペテシオに敗れ、8強だった。

 日本勢は女子フライ級の並木月海(自衛隊)も銅メダル以上を確定させており、4日には準決勝に挑む。男子フライ級でもこの日の午前中に田中亮明(中京高教諭)が準々決勝に勝利。3位決定戦がないため銅メダル以上を確定させている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集