[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

瀬戸大也、0.05秒差4位にも「すっきりしています」 6位萩野公介も「悔いはありません」

東京五輪競泳男子200メートル個人メドレー決勝が30日、東京アクアティクスセンターで行われ、瀬戸大也が1分56秒22で4位、メダルにはわずかに0.05秒届かなかった。萩野公介は1分57秒49で6位と日本勢はメダル獲得を逃した。汪順(中国)が1分55秒00で金メダル。ダンカン・スコット(英国)が銀。ジェレミー・デプランシュ(スイス)が銅。

男子200メートル個人メドレーで惜しくもメダルを逃した萩野公介【写真:Getty Images】
男子200メートル個人メドレーで惜しくもメダルを逃した萩野公介【写真:Getty Images】

東京五輪競泳男子200メートル個人メドレー決勝

 東京五輪競泳男子200メートル個人メドレー決勝が30日、東京アクアティクスセンターで行われ、瀬戸大也が1分56秒22で4位、メダルにはわずかに0.05秒届かなかった。萩野公介は1分57秒49で6位と日本勢はメダル獲得を逃した。汪順(中国)が1分55秒00で金メダル。ダンカン・スコット(英国)が銀。ジェレミー・デプランシュ(スイス)が銅。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 メダルには惜しくも届かなかった瀬戸。レース後のインタビューで「とにかく自分が今できる、今のコンディションの中で全力は尽くせた。自分はもっといい結果をイメージしながら頑張ってきたなかで思い通りにはいかなかったですが、素晴らしい大会で、開催されるかもわからないなかで、活躍できるチャンスを頂いて、活躍したかったですが、すっきりしています」と晴れやかな表情で振り返った。

 さらに萩野に対しては「公介と一緒に来られることができて幸せですし、2人で戦えたことは幸せでした」とも話していた。

 萩野も「レースを泳ぐ前から色々なこと思い出して、大也と一緒にずっと泳いできて嬉しかったです」。さらに準決勝では号泣したことを聞かれると、「昨日で涙かれたかもしれない。全力は出し切ったので、今の僕に悔いはないです」とすっきりとした表情だった。

 今大会3種目に出場した瀬戸は、本命だった400メートル個人メドレーで予選敗退。200メートルバタフライは準決勝全体11位に沈んで決勝に残れなかった。2019年世界選手権は個人メドレー2冠と200メートルバタフライで銀メダル。今大会は金メダルを期待されたが、結果を残せていなかった。

 瀬戸は個人種目ではラストのこの種目も28日の予選は16人中16位とギリギリで通過。29日の準決勝は全体3位だった。リオ五輪400メートル個人メドレー金メダリスト萩野は準決勝は全体5位で決勝進出。レース後に号泣していた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集