[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サーフィン五十嵐カノアが銀メダル 新競技で惜しくも頂点逃す、女子も銅メダル獲得

東京五輪のサーフィン男子決勝が27日、千葉・釣ケ崎海岸で行われ、五十嵐カノア(木下グループ)が決勝でイタロ・フェヘイラ(ブラジル)に敗れ、銀メダルとなった。今大会から採用された新競技で惜しくも初代王者には届かなかった。

サーフィン男子で銀メダルを獲得した五十嵐カノア【写真:AP】
サーフィン男子で銀メダルを獲得した五十嵐カノア【写真:AP】

サーフィン男子決勝

 東京五輪のサーフィン男子決勝が27日、千葉・釣ケ崎海岸で行われ、五十嵐カノア(木下グループ)が決勝でイタロ・フェヘイラ(ブラジル)に敗れ、銀メダルとなった。今大会から採用された新競技で惜しくも初代王者には届かなかった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 頂点には届かなかった。台風の影響で難しいコンディションの中、決勝は思うように技を出せなかった。一時はリードを奪うも、中盤以降は得点は伸ばせず逆転を許す展開。最後まで技に挑み続けたが、及ばなかった。それでも新競技で堂々の銀メダルだ。

 当初は28日に行われる予定だった決勝が、台風の影響で1日前倒しとなった。27日は午前7時開始の準々決勝でコロア・アンディノ(米国)を破ると、準決勝ではプロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)1位のガブリエル・メディナ(ブラジル)に大逆転勝ちしていた。

 米国生まれで23歳の五十嵐は米カリフォルニア州を拠点とし、CTで活躍。金メダル候補と目されていた。

 また女子では都筑有夢路(あむろ)が銅メダルを獲得。新競技で男女そろって表彰台の快挙を決めた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集