[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五十嵐カノア銀のサーフィン決勝、相手ボードが真っ二つ…SNS衝撃「こんなに過酷とは」

東京五輪のサーフィン男子決勝が27日、千葉・釣ケ崎海岸で行われ、イタロ・フェヘイラ(ブラジル)が五十嵐カノア(木下グループ)を破って金メダルを獲得した。今大会から採用された新競技だが、開始早々にフェレイラのサーフボードが真っ二つに折れるアクシデントも。SNS上の日本人ユーザーからは「波すごすぎやろ」「こんな過酷とは……」などと驚きの声があがっていた。

サーフィン男子決勝でプレーするイタロ・フェヘイラ【写真:AP】
サーフィン男子決勝でプレーするイタロ・フェヘイラ【写真:AP】

サーフィン男子で五十嵐が銀、女子で都筑有夢路が銅獲得

 東京五輪のサーフィン男子決勝が27日、千葉・釣ケ崎海岸で行われ、イタロ・フェヘイラ(ブラジル)が五十嵐カノア(木下グループ)を破って金メダルを獲得した。今大会から採用された新競技だが、開始早々にフェレイラのサーフボードが真っ二つに折れるアクシデントも。SNS上の日本人ユーザーからは「波すごすぎやろ」「こんな過酷とは……」などと驚きの声があがっていた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 初めて競技を見た人にとっては衝撃的な映像だったようだ。サーフィン男子決勝、開始早々でフェヘイラが波に飲み込まれて消える。すると、浮かんできたサーフボードはなんと真っ二つに折れていた。

 競技を初めて見る日本人も多かったようで、この映像には衝撃を受けていた人が多かった。ツイッター上では「サーフボードが真っ二つに……」「ボードって折れるのか」「波すごすぎるやろ」「慌てて交換している。。」「こんなに過酷な競技とは……」など投稿が相次いだ。

 当初は28日に行われる予定だった決勝が、台風の影響で1日前倒しとなったこの日。いきなりアクシデントに見舞われたフェレイラだったが、15.14点を獲得して金メダル。米国生まれで23歳の五十嵐は、6.60点で敗れたものの銀メダルとなった。女子では都筑有夢路(あむろ)が銅メダルを獲得。新競技で男女ともに表彰台となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集