[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

上野由岐子、4717日ぶり五輪で好投 豪州団体も脱帽「なぜ世界最高の1人なのか示した」

東京五輪は21日、全競技に先だってソフトボールが福島・あづま球場で行われた。日本はオーストラリアに8-1でコールド勝ち。今大会の日本勢一番星となった。先発の上野由岐子投手(ビックカメラ高崎)は5回途中1失点で、金メダルを獲得した08年の北京五輪決勝以来、4717日ぶりの五輪勝利を手にした。ベテランの投球には、豪州競技団体も「なぜ世界最高の1人なのか示した」と脱帽している。

5回途中1失点と好投した上野由岐子【写真:AP】
5回途中1失点と好投した上野由岐子【写真:AP】

ソフトボール初戦、金メダル獲得の北京五輪以来の勝利

 東京五輪は21日、全競技に先だってソフトボールが福島・あづま球場で行われた。日本はオーストラリアに8-1でコールド勝ち。今大会の日本勢一番星となった。先発の上野由岐子投手(ビックカメラ高崎)は5回途中1失点で、金メダルを獲得した08年の北京五輪決勝以来、4717日ぶりの五輪勝利を手にした。ベテランの投球には、豪州競技団体も「なぜ世界最高の1人なのか示した」と脱帽している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 上野が13年ぶりの五輪マウンドで躍動した。初回、押し出し死球で先取点を与えるが、2回以降は落ち着いた投球を披露。3回からは2イニングで5つの三振を奪うなど、38歳のベテランが大舞台で役割を果たした。

 堂々の投球を、オーストラリアのソフトボール競技を統括する団体「ソフトボール・オーストラリア」も称えた。公式ツイッターが試合中に投稿。「日本の投手、ユキコ・ウエノに脱帽。この回(4回)をしっかり締め、彼女がなぜ世界最高の1人なのか示した。まだまだ続く」とつづった。

 ソフトボールは6チームが1回戦総当たりの1次リーグを戦い、上位2チームが27日に横浜スタジアムで開催される決勝に進出する。

(THE ANSWER編集部)

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集