[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ソフト日本代表が東京五輪一番星 豪州に5回コールド、上野由岐子は4717日ぶり五輪白星

東京五輪のソフトボールは21日、全競技に先立って日本―オーストラリア戦(福島・あづま球場)が行われた。日本は初回に先取点を与えるも、内藤実穂内野手の2ランなどで逆転。8-1で5回コールド勝ちを収め、東京五輪で日本勢一番星を挙げた。先発の上野由岐子投手(ともにビックカメラ高崎)は5回途中1失点と好投。金メダルを獲得した08年の北京五輪決勝以来、4717日ぶりの五輪勝利を手にした。バックも渥美万奈遊撃手らの堅い守りで無失策だった。

内藤実穂の逆転本塁打を笑顔で出迎えるソフトボール日本代表【写真:AP】
内藤実穂の逆転本塁打を笑顔で出迎えるソフトボール日本代表【写真:AP】

ソフトボール初戦、金メダル獲得の北京五輪以来の勝利

 東京五輪のソフトボールは21日、全競技に先立って日本―オーストラリア戦(福島・あづま球場)が行われた。日本は初回に先取点を与えるも、内藤実穂内野手の2ランなどで逆転。8-1で5回コールド勝ちを収め、東京五輪で日本勢一番星を挙げた。先発の上野由岐子投手(ともにビックカメラ高崎)は5回途中1失点と好投。金メダルを獲得した08年の北京五輪決勝以来、4717日ぶりの五輪勝利を手にした。バックも渥美万奈遊撃手らの堅い守りで無失策だった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 13年ぶりに五輪競技として開催されたソフトボール。23日の開会式を前に行われた一戦で、先発マウンドに上がったのは38歳のベテラン上野だった。初回に1点を失うも、3回からは2イニングで5つの三振を奪う貫禄の投球を見せつけた。

 打線は初回2死二塁から山本優のタイムリーで同点に追いつくと、3回に内藤の中越え2ランで勝ち越し。4回にも藤田倭の2ランなどで3点を追加した。上野は5回1死から四球を出したところで降板。08年8月21日の北京五輪決勝・米国戦以来となる五輪の舞台で役目を果たした。

 日本は5回にも4番山本の中越え2ランが飛び出し、8-1と7点差をつけコールド勝ちとなった。ソフトボールは6チームが1回戦総当たりの1次リーグを戦い、上位2チームが27日に横浜スタジアムで開催される決勝に進出する。

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集