[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

筒香嘉智の記事一覧

  • 変わろう、野球 筒香嘉智の言葉「一発勝負のトーナメント制をやめてリーグ制導入を」

    2019.08.09

    8月6日、令和初となる夏の甲子園が幕を開けた。今年も各地方大会を勝ち抜いた49校が、全国3730校の頂点を目指して14日間の熱戦を繰り広げている。今から11年前の2008年。当時、強豪・横浜高2年だった横浜DeNAベイスターズの主砲・筒香嘉智外野手もまた、甲子園で類い稀なる才能を見せつけた1人だった。

  • 変わろう、野球 筒香嘉智の言葉「日本で使われている金属バットの弊害は大きい」

    2019.07.02

    高校からプロ野球へ進んだ打者の多くが、プロ入り後にまず経験するのが、打球が思うように前に飛ばないことだという。プロ10年目のシーズンを送る横浜DeNAベイスターズの主砲・筒香嘉智外野手もその1人だった。今でこそ日本を代表する打者となったが、1軍に定着したのは2014年のこと。横浜高では通算69本塁打を記録し、“超高校級”とまで言われた男でも、1軍で打率3割、20本塁打を記録するまで5年を要した。

  • 変わろう、野球 筒香嘉智の言葉「勝つ為にやらされる野球になったら、それは不幸」

    2019.05.27

    横浜DeNAベイスターズの主砲・筒香嘉智外野手は、プロ10年目を迎える今でも、子供の頃から変わらず持ち続けているものがある。それは「野球が大好き」という気持ちだ。ただ、ふと周りを見回してみると、好きで始めたはずの野球が、いつの間にか「やらされているもの」に変わってしまった人も多い。

  • 変わろう、野球 筒香嘉智の言葉「子どもは大人の顔色を窺いながら野球をしている」

    2019.04.22

    横浜DeNAベイスターズの主将であり主砲の筒香嘉智外野手。今季チームを21年ぶりの日本一に牽引するべく、日々の戦いに専念する大砲だが、オフには野球界の現状に危機感を抱き、未来ある子どもたちの可能性を守るべく、勇気ある発言を繰り返している。今年1月25日には日本外国特派員協会で会見し、約1時間に及ぶ質疑応答の中で真っ直ぐな意見をぶつけた。枠からはみ出ることを恐れない現役選手による発言は、野球界に一石を投じただけではなく、スポーツ庁の鈴木大地長官にも引用されている。

  • DeNA筒香は侍の顔? 五輪専門サイトが直撃インタ公開「日本の主砲が豪快スイング」

    2018.07.27

    野球は2020年の東京五輪で復活し、金メダル獲得の期待がかかっているが、国際オリンピック委員会(IOC)が運営する五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」は侍ジャパンの4番に脚光。DeNA筒香嘉智外野手の直撃インタビューを公開し、「日本のスラッガーは東京五輪に向けて豪快なスイングを披露する」と紹介している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集