[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

筒香嘉智が覚醒 ベンチ歓喜の移籍後7号に米記者称賛「また柵越え」「ヨシの世界」

米大リーグ、パイレーツの筒香嘉智外野手は5日(日本時間6日)、敵地のカブス戦で2試合連発となる7号ソロを放った。「2番・右翼」で先発出場し、初回の第1打席で中堅左へ放り込んだ実際の映像を球団が公開。米記者からは称賛が沸き起こっている。

2試合連発となる7号ソロを放ったパイレーツの筒香嘉智【写真:Getty Images】
2試合連発となる7号ソロを放ったパイレーツの筒香嘉智【写真:Getty Images】

敵地カブス戦で2戦連発、移籍後42打数7本塁打は球団記録

 米大リーグ、パイレーツの筒香嘉智外野手は5日(日本時間6日)、敵地のカブス戦で2試合連発となる7号ソロを放った。「2番・右翼」で先発出場し、初回の第1打席で中堅左へ放り込んだ実際の映像を球団が公開。米記者からは称賛が沸き起こっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 筒香が覚醒した。巧みにボールを拾い上げ、スタンドに放り込んだ。0-0の初回1死から79マイル(約127キロ)のチェンジアップを強振。高々と舞い上がった打球が中堅左へ。筒香は表情を変えることなく、ダイヤモンドを1周したが、パイレーツベンチは歓喜に沸いた。

 移籍後42打数で7発目。驚きのペースで本塁打を量産している。地元放送局「KDKA」のスポーツディレクター、ボブ・ポンペーニ氏のツイートによると、球団史上初の快挙だという。

 さらに地元紙「ピッツバーグ・ポスト・ガゼット」のマイク・パーサク記者は「ヨシ・ツツゴウがまた柵越え。これは(よく使うので)保存された文面」とツイート。地元紙「ピッツバーグ・トリビューン・レビュー」のクリス・アドムスキ記者もツイッターで「これはヨシ・ツツゴウの世界。そこに私たちは住んでいるだけ」と称賛している。

 チームは乱打戦の末、8-11で敗れたが、筒香の存在感は増している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集