[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

筒香嘉智には「赤信号と言われた点が存在する」 パ軍記者が再契約の「懸念点」指摘

米大リーグ・パイレーツの筒香嘉智外野手は、今季レイズ、ドジャースを含め3球団に所属。パイレーツ移籍後は打率.268、8本塁打、25打点と存在感を見せた。地元メディアなどからは残留を望む声も上がっていたが、米記者は活躍を認めながらも「懸念点がある」と指摘している。

パイレーツの筒香嘉智【写真:AP】
パイレーツの筒香嘉智【写真:AP】

今季の活躍については「私は彼を認めている」と評価

 米大リーグ・パイレーツの筒香嘉智外野手は、今季レイズ、ドジャースを含め3球団に所属。パイレーツ移籍後は打率.268、8本塁打、25打点と存在感を見せた。地元メディアなどからは残留を望む声も上がっていたが、米記者は活躍を認めながらも「懸念点がある」と指摘している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 レイズ、ドジャースではなかなか結果を残せなかった筒香だが、パイレーツに移籍してからは打撃力でアピール。加入した8月は27打数9安打で、うち二塁打が2本、三塁打が1本、本塁打5発とほとんどが長打だった。

 内外野守れることもあり、地元ピッツバーグのメディアなどからは残留を望む声なども上がっていたが、地元メディアの一つである「DKピッツバーグ・スポーツ」のアレックス・シュトゥンプ記者は「ツツゴウには懸念点がまだある」との見出しが打たれた記事を執筆。筒香について言及している。

 同記者は「正直なところ、私は契約直後のヨシ・ツツゴウの魅力に気づいておらず、記事を書くことはあまり多くなかった。しかし彼は新しいチームで43試合に出場し、打率.268、出塁率.347、長打率.535で8本塁打という数字を残した」と記した。移籍後、想像以上の活躍を見せた筒香について「そうだ、私は彼を認めている」とも評価している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集