[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

筒香嘉智の捕球ミスで元ヤクルト助っ人が悶絶 急所直撃に米悲鳴「マジ…」「アウチ」

14日(日本時間15日)に行われた米大リーグのパイレーツ―ナショナルズ戦で、元ヤクルトの助っ人が激痛に見舞われた。一塁に出塁したが、投手の牽制球が急所に直撃。一塁手の筒香嘉智も心配そうだった実際のシーンには「悲劇だ」「マジかよ」と米ファンからも悲鳴が上がっている。

ナショナルズのアルシデス・エスコバー(左)とパイレーツの筒香嘉智【写真:AP】
ナショナルズのアルシデス・エスコバー(左)とパイレーツの筒香嘉智【写真:AP】

元ヤクルトのエスコバーが悶絶

 14日(日本時間15日)に行われた米大リーグのパイレーツ―ナショナルズ戦で、元ヤクルトの助っ人が激痛に見舞われた。一塁に出塁したが、投手の牽制球が急所に直撃。一塁手の筒香嘉智も心配そうだった実際のシーンには「悲劇だ」「マジかよ」と米ファンからも悲鳴が上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 悲劇が生まれたのは4回のナショナルズの攻撃。左前打でアルシデス・エスコバーが一塁に出塁。リードをとると、一塁に牽制球が送られた。左足から戻ったエスコバーだったが、一塁手の筒香がまさかの後逸。ミットに触れることなく、ボールはエスコバーの股間にダイレクトで当たってしまった。エスコバーは苦悶の表情を浮かべて倒れこんだ。

 米ニュースメディア「ヴォックス」で記者を務め、現在フリージャーナリストとして活動するアーロン・ルーパー氏は、自身のツイッターに動画を公開。「エスコバーは大丈夫」と伝えると、米ファンからは「悲劇だ」「アウチ」「おっとっと」「アウトだ」「マジかよ……!」「でも、彼はセーフ?」などとコメントが集まった。

 悶絶するほど痛い思いをしたエスコバーは、2020年にヤクルトで104試合に出場。打率.273、1本塁打、30打点を記録していた。めげずにフル出場したこの試合はパイレーツに4-9で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集