[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

筒香嘉智、誰も予想できない“レジェンド投手”から2号HR ファン仰天「悔しがってる」

米大リーグ・パイレーツの筒香嘉智内野手は22日(日本時間23日)、カージナルス戦に「6番・DH」でスタメン出場。9回に今季2号ソロを放った。この打席では、まさかの“レジェンド投手”との対戦となり話題に。日本のファンは「相手は悔しがってるw」「レジェンドから一発」と驚いていた。

パイレーツの筒香嘉智【写真:ロイター】
パイレーツの筒香嘉智【写真:ロイター】

カージナルス戦の9回、まさかのモリーナと対戦

 米大リーグ・パイレーツの筒香嘉智内野手は22日(日本時間23日)、カージナルス戦に「6番・DH」でスタメン出場。9回に今季2号ソロを放った。この打席では、まさかの“レジェンド投手”との対戦となり話題に。日本のファンは「相手は悔しがってるw」「レジェンドから一発」と驚いていた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 点差が付いたからこそ、思わぬレジェンドとの対戦が実現した。0-18と大量ビハインドの9回に打席に立った筒香。カージナルスはここで、ゴールドグラブ賞を9度も受賞している名捕手、ヤディエル・モリーナがマウンドに上がった。2173試合目で、投手としては初登板だ。

 筒香はフルカウントから、モリーナが投じた57マイル(約91.7キロ)の緩いボールを右翼席へ。12試合ぶりの2号ソロとなり、打たれたモリーナは少し悔しそうに苦笑いしていた。カージナルスは15日(同16日)のジャイアンツ戦ではアルバート・プホルス内野手が野手登板。通算2988試合目での初マウンドが話題となったばかりだった。

 対戦を見たツイッター上の日本人ファンも驚きが隠せない様子。「最近のカージナルス遊びすぎw」「ピッチャーモリーナなのかよw」「モリーナは悔しがってるw」「モリーナからホームランとかいうパワーワード」「レジェンドから一発打ってて草」「ワールドクラス(捕手)からホームラン」などと投稿されていた。筒香は2打数1安打1打点に2四球。モリーナは4失点したものの、18-4で勝利した試合を締めている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集