[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、敵地放送席を沈黙させた135m弾 25秒後に力なくレポート「疑う余地はない」

米大リーグのエンゼルスの大谷翔平投手が22日(日本時間23日)、本拠地で行われたアスレチックス戦に「1番・DH」で先発出場。初回の先頭打席で6試合ぶりの9号本塁打を放った。節目の日米通算150号は今季最長の135メートル弾。敵地中継局の放送席では約25秒も沈黙し、「疑う余地なしの一撃」と力なく伝えていた。

日米通算150号となる先頭打者本塁打を放ち、ベンチで笑顔を見せる大谷翔平【写真:AP】
日米通算150号となる先頭打者本塁打を放ち、ベンチで笑顔を見せる大谷翔平【写真:AP】

アスレチックス戦で先頭打者弾、日米通算150号をマーク

 米大リーグのエンゼルスの大谷翔平投手が22日(日本時間23日)、本拠地で行われたアスレチックス戦に「1番・DH」で先発出場。初回の先頭打席で6試合ぶりの9号本塁打を放った。節目の日米通算150号は今季最長の135メートル弾。敵地中継局の放送席では約25秒も沈黙し、「疑う余地なしの一撃」と力なく伝えていた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 大谷は相手左腕コール・アービンのカーブを強振。豪快な打球は中越えの先頭打者弾となった。今季自己最長の443フィート(約135メートル)。敵地オークランドの中継局「NBCスポーツ・カリフォルニア」の放送席では、「高くセンター深く上がりました。(中堅手の)パチェが下がりますが、入った……」と、実況がグングン伸びる打球の行方を力なくレポートした。

 エンゼルスタジアムがお祭り騒ぎの中、ダイヤモンドを軽やかに回る大谷を映し出しながら、実況席は約25秒間も沈黙。衝撃の大きさを物語っていた。大谷はダグアウトに戻る直前、青空にヘルメットを両手で突き上げ、カウボーイハットを満面の笑顔で被った。ここでようやく口を開いた実況は「疑う余地なしの一撃は、オオタニの今季9号です」と称えた。

 日米通算150号に到達した大谷は、8回の第5打席で内野安打を放ち、5打数2安打1打点。チームは4-1で2連勝を飾った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集