[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

後逸していないのにボールを追いかけた三塁手、実は好プレーで米注目「何てフェイク」

米大リーグで生まれたトリックプレーに注目が集まっている。ドジャースは22日(日本時間23日)、敵地でフィリーズと対戦。三塁手のジャスティン・ターナー(ドジャース)か見せた“頭脳プレー”に米ファンからは「頭を使ったプレー」「IQ1万」などの声が集まっている。

ドジャースのジャスティン・ターナーが”頭脳プレー”を披露【写真:AP】
ドジャースのジャスティン・ターナーが”頭脳プレー”を披露【写真:AP】

ドジャースのジャスティン・ターナーが“頭脳プレー”を披露

 米大リーグで生まれたトリックプレーに注目が集まっている。ドジャースは22日(日本時間23日)、敵地でフィリーズと対戦。三塁手のジャスティン・ターナー(ドジャース)か見せた“頭脳プレー”に米ファンからは「頭を使ったプレー」「IQ1万」などの声が集まっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 走者を騙した。ドジャースが1点リードで迎えた延長10回の守備。無死二塁の状況で、相手打者ギャレット・スタッブスが遊撃へ内野安打を放つ。一塁送球の間に、二塁走者J.T.リアルミュートは三塁に向かった。一塁手が三塁に送球するもセーフ。しかし、トリックプレーはこの後生まれた。

 送球を受けた三塁手ターナーが、まるで後逸したかのような動きを見せたのである。騙されたリアルミュートは本塁へ向かおうとしたが、実際は球を持っているターナーがベースを離れたところにタッチ。頭脳プレーが完成し、走者はアウトとなった。

 37歳ベテランの“演技力”に注目したのが米スポーツメディア「ブリーチャー・リポート」の野球専門公式ツイッター「BRウォークオフ」。文面に「延長イニングでターナーがリアルミュートを騙した」と記して、実際の映像を公開。米ファンからは「頭を使ったプレー」「IQ1万」「脱帽だ」「何というフェイクアウト」「素晴らしいプレー」「スマートだ」などの声が寄せられた。

 ピンチを脱したかに見えたドジャースだったが、この後2死二塁、三塁となり、二塁手のマックス・マンシーが今度は本当に打球を後逸。2人の走者が還り、3-4でサヨナラ負けを喫してしまった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集