[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゾラニ・テテの記事一覧

  • 井上尚弥らより上を強調 陥落テテ、コロナがなければ「リング誌王座に君臨していた」

    2020.07.02

    昨年11月のボクシングWBO世界バンタム級王座統一戦で正規王者だったゾラニ・テテ(南アフリカ)は、暫定王者のジョンリエル・カシメロ(フィリピン)に敗れて王座陥落した。再起戦は未定だが、新型コロナウイルスの感染拡大がなければ、WBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)より上にいると語っている。母国の南アフリカメディア「Sowetanlive」が報じている。

  • テテ、衝撃のKO負けで大きく後退 米メディア指摘「望んでいた井上戦は叶わない」

    2019.12.01

    ボクシングのWBO世界バンタム級王座統一12回戦(英バーミンガム)は30日(日本時間1日)、暫定王者ジョエルリエル・カシメロ(フィリピン)が正規王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)に3回TKOで破り、正規王座と暫定王座の統一に成功した。WBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)が中心に君臨するバンタム級戦線の今後について、米メディアがクローズアップしている。

  • 再三挑発のテテ、屈辱の3回TKO負けで陥落 井上尚弥「もう少しやると思ったけど…」

    2019.12.01

    ボクシングのWBO世界バンタム級王座統一12回戦(英バーミンガム)は30日(日本時間1日)、正規王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)が暫定王者ジョエルリエル・カシメロ(フィリピン)に屈辱の3回TKOで完敗し、7年ぶりの敗戦。王座陥落した。再三挑発を受けていたWBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)も自身のツイッターで反応している。

  • テテは「日本で試合したい」 陣営が描くWBO統一後の標的「井上尚弥にも勝てると…」

    2019.11.30

    ボクシングのWBO世界バンタム級王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)は0日(日本時間12月1日)にWBO暫定王者ジョン・リエル・カシメロ(フィリピン)との統一戦に挑む。テテと契約する「クイーンズベリープロモーションズ」の総帥、英国人プロモーターのフランク・ウォーレン氏は「カシメロ戦に勝てたら、ナオヤ・イノウエとの統一戦にも勝てると信じている」と語り、WBAスーパー&IBF世界同級王者・井上尚弥(大橋)にターゲットを定めている。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

  • 井上尚弥に熱烈ラブコール テテは統一後の対戦切望「次がナオヤとなることを願う」

    2019.11.28

    ボクシングのWBO世界バンタム級王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)は30日に英バーミンガムで、暫定王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との統一戦に臨む。27日の記者会見では王座統一の次のターゲットとしてWBAスーパー・IBF王者、井上尚弥(大橋)の名前をあげて、改めてラブコールを送っている。米メディアが報じている。

  • 井上尚弥は「絶対的でない。倒せる」 テテが再び挑戦状「彼が望むならどこでも戦う」

    2019.11.26

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝でノニト・ドネア(フィリピン)を破り頂点に立ったWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。WBO同級王者のゾラニ・テテ(南アフリカ)は「イノウエは絶対的ではない。倒せる。どこでだって戦う」と再度挑戦状を叩きつけている。権威ある米誌「ザ・リング」が報じている。

  • 井上尚弥を再三挑発のテテ ドネアとの名勝負には感謝「おかげで注目される」

    2019.11.17

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会で優勝したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。同級の実力者が次々に対戦要求を叩きつける中、世界戦最速“11秒KO男”は「イノウエ対ドネア戦のおかげでバンタム級にスポットライトが当たるだろう」と歴史的名勝負に感謝している。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

  • 井上尚弥は「言うほど無敵じゃない」 テテがまた口撃「パンチを当てるのは可能」

    2019.11.16

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝でノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収めたWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。次戦の行方に注目が集まる中、WBO同級王者のゾラニ・テテ(南アフリカ)が度重なる挑発に出ている。決勝前から挑戦状を叩きつけていた11秒KO男は「みんなが言うほど無敵じゃない」と豪語。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

  • 井上尚弥は「異論なしの王者と呼べない」 テテが口撃「俺と対戦するいい頃合いだ」

    2019.11.12

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム決勝はWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収め、WBSS制覇。バンタム級No.1を証明した。今大会の準決勝ドネア戦直前に右肩の故障で大会を棄権していたWBO世界王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)は井上の優勝を祝福したが、一方で「ベルト2本だけでは異論の余地なしの王者とは呼べない」と挑発している。南アフリカ地元紙「sowetan live」が報じている。

  • 井上尚弥を11秒KO男テテが祝福 海外ファンは激突待望「井上戦を20年初旬にどう?」

    2019.11.08

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。WBSS優勝を果たし、今後に大きく期待が膨らむが、4団体ベルト独占へのライバルの1人、「11秒KO男」で知られるWBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)が祝福した。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集