[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBSS欠場のテテ 井上尚弥に再び挑戦状「WBSS王者は自分と対決しなければならない」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒TKOで下した。2団体王者となったモンスターに対し、WBSS準決勝ノニト・ドネア(フィリピン)戦直前に右肩の故障で辞退したWBO世界王者のゾラニ・テテ(南アフリカ)が挑戦状を叩きつけている。南アフリカメディア「タイムズ」が報じている。

ゾラニ・テテ【写真:Getty Images】
ゾラニ・テテ【写真:Getty Images】

肩の故障で準決勝を欠場したテテがWBSS王者との対戦を熱望

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒TKOで下した。2団体王者となったモンスターに対し、準決勝ノニト・ドネア(フィリピン)戦直前に右肩の故障で辞退したWBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)が挑戦状を叩きつけている。南アフリカメディア「タイムズ」が報じている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 今大会にWBO世界王者として参戦していたテテ。井上の決勝のライバル最有力候補と目されてきたが、現地会見に出席しながら肩の故障で4月27日のセミファイナル直前に突如辞退。代わりに控えファイターとして登録されていたWBA5位ステフォン・ヤング(米国)が代わりに出場し、ドネアの左フックの前に7回KOで沈んでいた。

「いずれかの時点で、あのボクサー(WBSSバンタム級王者)はすべてのベルトを手にするために自分とWBC王者と対決しなければいけない。そうすれば、異論もなくチャンピオンであると正当に主張することができる」

 2017年11月にWBO世界バンタム級1位のシボニソ・ゴニャ(南アフリカ)戦でタイトルマッチ史上最速の11秒KO勝ちを収め、ボクシング界に衝撃を与えたテテはこう語ったという。

 事実上の決勝と呼ばれたロドリゲス戦の259秒TKO劇はテレビで観戦した。怪我さえなければ、という思いはあったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集