[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥“世界一”に待った 11秒KOテテが主張「俺を倒さないとキングになれない」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で、WBA・IBF王者・井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突する。勝てばバンタム級最強王者の称号を手にするが、これに待ったをかける男が登場した。4月の準決勝・ドネア戦直前に故障で棄権していたWBO正規王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)は「キングになりたければ、俺と相見える必要がある」と挑戦状を叩きつけている。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

ゾラニ・テテ【写真:Getty Images】
ゾラニ・テテ【写真:Getty Images】

準決勝を負傷棄権したWBO正規王者ゾラニ・テテ「俺と相見える必要がある」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で、WBA・IBF王者・井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突する。勝てばバンタム級最強王者の称号を手にするが、これに待ったをかける男が登場した。4月の準決勝・ドネア戦直前に故障で棄権していたWBO正規王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)は「キングになりたければ、俺と相見える必要がある」と挑戦状を叩きつけている。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 頂上決戦を目前に控えるモンスターに、早くも挑戦状が届いた。発言の主は2017年11月のタイトルマッチで11秒KO勝ちを収め、世界戦史上最短KO記録を保持しているテテだった。

「イノウエはバンタム級のキングになりたければ、俺と相見える必要があることを分かっている」

 30日に英・バーミンガムアリーナでWBO暫定王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)との統一戦に挑む男はこう語ったという。

 テテはWBSS優勝候補の一角の評価を手にしていた。18年10月の初戦ではミーシャ・アロイヤン(ロシア)に判定勝ち。4月27日の準決勝でドネアと対戦予定だったが、試合3日前に肩の故障で欠場することを発表した。大会側でリザーブ登録していたステファン・ヤング(米国)が代わりにリングに立ち、ドネアが勝利を収め、決勝に駒を進めていた。

 WBSS優勝者はモンスターで間違いないと、11秒KO男も見ている。

「彼(井上)がドネアを倒すと信じている。しかし、自分自身を本物のキングと呼ぶためには、彼は俺を倒さなければいけないことも、理解しているだろう」

 すでにバンタム級最強の呼び声高い井上だが、“真の世界一”の称号を手にできるのは自分を倒してから――。自信にみなぎるテテはモンスターに挑戦状を叩きつけていた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集