[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のかつての対抗王者テテ 2年ぶり再起戦は55秒KO、3階級制覇へ「俺の居場所」

ボクシングの元世界2階級制覇王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)が、スーパーバンタム級の世界王座奪取に燃えている。2年ぶりの再起戦となった昨年12月の同級ノンタイトル10回戦で55秒KO勝ち。動画が拡散する中、米専門誌「ザ・リング」は今月11日(日本時間12日)にテテの言葉とともに3階級制覇を目論む様子を伝えている。

ゾラニ・テテ(撮影は2018年)【写真:Getty Images】
ゾラニ・テテ(撮影は2018年)【写真:Getty Images】

前WBO世界バンタム級王者テテが55秒KO勝ち、世界王座復帰へ意欲

 ボクシングの元世界2階級制覇王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)が、スーパーバンタム級の世界王座奪取に燃えている。2年ぶりの再起戦となった昨年12月の同級ノンタイトル10回戦で55秒KO勝ち。動画が拡散する中、米専門誌「ザ・リング」は今月11日(日本時間12日)にテテの言葉とともに3階級制覇を目論む様子を伝えている。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 テテが瞬殺KOを演じていた。12月の再起戦。同じ南アフリカ人のイッディ・カユンバと対戦し、圧力をかけた。クリンチから離れた際にワンツーをお見舞い。ダウンを奪い、相手は立ち上がれなかった。

 世界挑戦の経験もない格下ながら実力差を見せつけた。WBO世界バンタム級王者だった2019年11月、暫定王者だったジョンリエル・カシメロ(フィリピン)に3回TKO負けで王座陥落。今回が2年ぶりの再起戦だった。リング誌は試合について掲載し、テテは「この試合は、錆を落として良いラウンドを重ねるのが目的だったが、そうならなかった」と早期決着を嘆いている。

 2017年11月にはWBO世界バンタム級1位シボニソ・ゴニャ(南アフリカ)戦で世界戦最速の11秒KO勝ちを収め、衝撃を与えた。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)にも参戦したが、準決勝のノニト・ドネア(フィリピン)戦直前に右肩の故障で棄権。同じくWBSSに参戦していた対抗王者の井上尚弥(大橋)にも挑発を繰り返していた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集