[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【今、伝えたいこと】夏季競技だけじゃないコロナ余波 アイスホッケー鈴木貴人「スポンサー探し大変と…」

新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

かつてアイスホッケー日本代表を率い、現在は東洋大の監督を務める鈴木貴人さん
かつてアイスホッケー日本代表を率い、現在は東洋大の監督を務める鈴木貴人さん

連載「Voice――今、伝えたいこと」第27回、アイスホッケー界にコロナが与えた影響

 新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

 日本全体が苦境に立たされる今、スポーツ界に生きる者は何を思い、現実とどう向き合っているのか。「THE ANSWER」は新連載「Voice――今、伝えたいこと」を始動。各競技の現役選手、OB、指導者らが競技を代表し、それぞれの立場から今、世の中に伝えたい“声”を届ける。

 第27回はアイスホッケー元日本代表監督の鈴木貴人さんだ。長く日本代表の主将として活躍し、代表ヘッドコーチ(HC)も務めた第一人者。現在は強豪・東洋大の監督を務める44歳は、冬季競技のアイスホッケー界がコロナ禍で受けた影響を明かした。

 ◇ ◇ ◇

 スポーツ界から熱狂と興奮を奪った新型コロナウイルス。東京五輪の延期により、夏季スポーツに対する影響がよりクローズアップされるが、冬季スポーツに対する影響がないワケではない。

「アイスホッケーも、多くのスポーツと同じように活動できない状況になりました」と鈴木さんは語る。

 9月にシーズンが始まり、4月まで大会が続いていくアイスホッケー。しかし、感染症が広がった3月以降、多くのスケートリンクは閉鎖され、各カテゴリーの大会も中止に。選手は氷の上に立てない状況に陥った。

 緊急事態宣言こそ解除されたが、今後の先行きも不透明だ。

 アイスホッケーはお金がかかる競技。都内で民間のリンクを借りれば、1回の90分の練習で5万円はかかる。スケート靴は1足10万円。全身の防具を揃えれば、金額はその数倍になる。

 日本のトップ選手が主戦場とするのが、アジアリーグ。韓国、ロシアと3か国からなる国際リーグに、今季まで日本からH.C.栃木日光アイスバックス、ひがし北海道クレインズ、王子イーグルス、東北フリーブレイズの4チームが参戦していた。

 しかし、遠征費も馬鹿にならず、年間予算が少ないチームでも3億円はかかる。しかも、今後は社会全体に予想される不況。鈴木さんも「スポンサー探しが大変と聞いている。通常のチーム数でできるかどうかは不安視されている」と明かす。

 しかも、世界3位の感染者数が出ているロシア、感染第2波の拡大が懸念される韓国との試合もあり、「国をまたいだリーグである以上、日本が早く収束できても、他の国が収束していなければリーグができるか分からない。その点はすごく心配」と語った。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集